サプライズバースデイ

今日、実は僕の誕生日なのですが、昨日のクリニックの全体勉強会の時に、途中突然、サプライズの誕生日会をしていただきました。今更 この年になって誕生日を祝ってもらうのも照れくさいのですが、スタッフの子たちから、暖かい言葉の数々をいただき、中には、途中から感極まって泣いて、日頃の感謝の気持ちを言ってくれたり、そんな子が複数いて暖かい言葉の数々で、僕自身がスタッフの子たちに、とても大切に思われていることを
続きを読む >>

歯ぎしり(ブラキシズム)

患者さんのなかには、予防をしっかりしているのに 歯が欠ける 歯が折れる 被せものが壊れるといったことが起きることがよくあります。その原因として 疑われることが 「ブラキシズム」なのです。歯を失う大きな原因は3つあるのですが、一つ目は、歯周病、二つ目は虫歯、3つ目は、かみ合わせやブラキシズムなのです。ブラキシズムによって 歯そのものや、歯の周りの組織 顎の骨などに 必要以上の大きな負荷がかかり、その
続きを読む >>

政木和三氏の心に響く言葉より…

私は大阪大学時代、友人や先輩から研究実験の依頼を受け、自分の余った時間をすべてそれに注ぎ込みながら、普通の人の5倍ぐらい仕事をしていた。 そういう生活を20年ぐらい続けたお蔭で、工学や医学などのあらゆる分野の知識を習得することができた。 それが後に数多くの発明に役立った。 また、それらの発明も、特許を私物化せず、無償で社会へ提供した。 このように、人のためになろう、人に幸せを与えようと努力している
続きを読む >>

感謝の言葉

感謝

今日のインプラントのオペ前の話なのですが、以前は歯医者に来ることも怖かったとのこと。それなのになぜ、インプラントをしようと思ったのだろうと聞いてみたところ、僕を気に入ってくれたとのこと。痛くないし、いつも笑顔で和ませてくれるので、安心して治療が受けれるから今回もインプラントをすることを決心したのだと、その話を聞いたとき、驚いたと同時にすごく嬉しい気持ちになりました。そんな風に感謝してもらえる、喜ん
続きを読む >>

スタッフのある言葉

今日 診療後、僕自身も雑務があり遅くなって そろそろ帰ろうかと1階に下りて来てみるとカウンセリングルームから明かりが、、。先輩スタッフが後輩スタッフに丁寧に教えている姿が、、。その後輩スタッフ達に 「いい先輩を持って、良かったね。こんな親切で優しい先輩中々いないよ」と言ったところ、その教えていた先輩スタッフは、「私自身が、新人の頃、優しく 丁寧に教えて頂いていたので、今は私がしてもらったことををそ
続きを読む >>

びっくりした出来事

DSC_0143

先日 クリニックの前にバス停が出来ていたのです。当院は不便なところにあり、車でないと通っていただけません。そのため、以前から送り迎えの方やタクシーなどが必要な方より、不便だということは聞いてましたが、どうすることも出来なく困っていたところでしたので、今回の御嵩町によるふれあいバスの運行はとても有難いものです。健康で自分で車を運転できるかたはいいのですが、自分で運転できない場合、治療に通うことも困難
続きを読む >>

高齢者の基礎代謝量の減少

基礎代謝量とは、人が1日中安静にしていても消費されるエネルギー量のことですが、高齢になると基礎代謝量が減り 1日に必要なエネルギー量も減りますが、だからといって栄養を取らなくていいというわけではないのです。タンパク質やビタミン ミネラルなどの必要量は歳を取られても、20歳の人と比較しても変わらない量が必要なのです。だから 高齢の方にとって歯が無い、入れ歯が合わない、噛めないなどの理由であまり食べら
続きを読む >>

矯正勉強会

インビザライン2

昨日は 当院の矯正専門医である とがり先生による矯正の勉強会を行いました。いろいろとみんながいい学びの場であったのですが、その中で、現代の子供の4割から5割は 不正咬合、いわゆる歯並びが悪いということです。パッと見、問題なそう、実は歯列不正であるという場合が多いとのことです。また歯並びが悪い人は 80歳で20本の歯が残らないとのこと。本来は、歯は28本はあるはずですから、9本以上の歯が無くなってし
続きを読む >>

母へのインプラント

CT画像

最近、母にインプラントを埋入しました。以前から 歯の状態が良くないことは分かっていましたが、本人が 痛みがないことや、OPEをすることに抵抗感があったため、これまで延命治療をしてきました。そのため、その歯の周りの骨は、かなり溶けてなくなり。厚みが1ミリと ほとんどない状態になってしまっていました。その歯は割れていたこともあり、本当は もっと早く抜いておくべきだった後悔しました。もっと早ければ、ここ
続きを読む >>

健康寿命

厚生労働省は1日、介護を受けたり寝たきりにならず、不自由なく健康に日常生活を送ることが可能な期間を示す「健康寿命」を初めて算出し、平成22年で男性が70.42歳、女性が73.62歳だったとする算出結果を示した。 厚労省が31日に発表した、5年に一度確定される「平均寿命」では、22年で男性が79.64歳、女性が86.39歳で、健康寿命との差は男性で9.22年、女性で12.77年となった。 医療が進歩
続きを読む >>