歯周病のリスク

歯周病が深くかかわっている病気には、糖尿病、心臓病、動脈硬化、誤嚥性肺炎、早産、がん、関節炎などがあると言われています。特に糖尿病では、歯周病を治療すると血糖値が下がり、逆に糖尿病が悪化すると歯周病も悪化すると言われています。また細菌性心内膜炎という心臓の病気では歯周病菌や口腔内細菌が心臓の弁に付着して、弁に穴をあけて破壊することが一つの原因と言われています。誤嚥性肺炎も肺の中にはいった歯周病菌が
続きを読む >>

CTで検証するインプラント外科の落とし穴

今週末は以前より 楽しみにしていた学会に参加してきました。その中の一つがこのテーマの講演で、従来のパノラマ像では皮質骨が画像に反映されるため、、根尖病巣であれば、パノラマ像では 小さい病巣でも、 それは溶けている皮質骨の部分が小さいだけであって、中の海綿骨は 大きな病巣となっていることもあり、実際にCTを撮ってみないことには分からないことなど、CTによって見えてくることは、思っていた以上に多くある
続きを読む >>

医院見学

今日は 岡山から わざわざ見学の先生達が来られました。当院への見学のために、前日入りしての来院で、今日は朝からスタッフと共に とても気の引き締まる一日でした。とても 温厚で優しそうな先生とその医院の笑顔の素敵なチーフの方で、ランチタイムも、いろいろな話で盛り上がり、2時間があっという間にすぎるほど、楽しい時間でした。今月は2人目の見学の先生でしたが、いつも来てくれた時はお互いの意見交換したり、とて
続きを読む >>

矯正治療

先月から 当院においても 矯正治療を行うようになって気づいたのですが、矯正というと審美的な面でのメリットだけだと思っている方がほとんどだということです。でも実際には歯並びを良くすることにより、虫歯にもなりにくくなり、歯周病にもなりにくくなり、また かみ合わせが良くなることにより、歯が長持ちするようになったりと審美的な面よりメリットがたくさんあるのです。意外に知られていないんだなと。他の例で言えば、
続きを読む >>

インプラントセンター 京都

DAC1

今日は以前から交流のある先生の所に見学に行って来ました。かなりインプラントに力を入れている方で、いろんなセミナーでお会いするたびに、ずっと行きたいなと思っていたところでした。今回特に学びが大きかったことは二つで、一つは滅菌関係、なんと世界基準の滅菌システムを取り揃えているのです。理想的なシステムで、これだけのシステムを取り入れている所は 岐阜では聞いたことがありません。以前滅菌器具について、歯科医
続きを読む >>

場が人を育てる

sora

あるドラマの一言です。最初はいろいろな想いで、その組織に入ってくる。それから、先輩たちの仕事をしている姿や雰囲気をみて人が育ってくれるとのこと。なるほどと思いました。今年入った新人の衛生士の話になりますが、最初当院に来た時は、いかにも新人ぽかったため、患者さんにさえ指摘されていました。しかし最近変わってきたなと感じるようになったのです。少しずつですが、笑顔がよくなり、患者さんにもうまく話せるように
続きを読む >>

誕生日

先日、僕の誕生日だったのですが、最近家族には、子供のおまけみたいな感じで行われてきたのですが、当院のスタッフから、似顔絵入りのシャンパン、それぞれの子からの手紙の詰まったアルバムをサプライズイベントと共に、贈ってもらい、いくつになっても祝ってもらい、とても嬉しい気持ちになりました。とても想いの籠った内容の言葉でつづられ、日頃の感謝の気持ちや、僕が最近オペが続き疲れていることを気遣ってくれたり、当院
続きを読む >>

結婚式

このGW中に、当院に学校を卒業後、勤めてくれた衛生士が結婚することになり、僕自身もスピーチを頼まれ、とても緊張した気持ちでこの日を迎えた。僕自身今まで多くの結婚式に出席した経験があるが、今日の式はいつもと違う雰囲気だった。二人の昔からの友人たちがとても親身になって、二人のために今日まで準備して、心から二人を祝福している感じで、とても温かい気持ちになれて気持ちが良かった。感極まって、涙する男友達も多
続きを読む >>

インプラントセミナー(大阪)

今日のテーマは 上顎洞へのアプローチというもので、上顎の上には空洞があり、骨が少ない場合には、その空洞を骨造成して行う方法がありますが、今回はその話を聞きに行って来ました。講師のDrは林揚春先生で、抜歯即時インプラントの第一人者で、インプラントの世界では知らない人はいないぐらい、大変高名なかたです。その術式、技術をいろいろとお話ししてくださったわけですが、ちょうど最近は僕自身このソケットリフトとい
続きを読む >>

仕事帰り

昨日は診療後、打ち合わせがあり遅くなってしまい、僕自身疲れていたので、急いで帰ろうとしていたところ、まら診療室に明かりが点いていたのです。あーきっと消し忘れかなと。そしたら、今年卒業して入った新人の衛生士の子を先輩スタッフが丁寧に教えていたのです。自分たちのプライベートな時間を使ってまで、教えているその姿を見ていて何とも言えないくらい嬉しい気持ちになりました。僕が開業したころは、診療が終わったらす
続きを読む >>