歯科治療での麻酔は痛みや恐怖を取り除きます

  歯医者で治療をする際は2種類の麻酔がオススメです   歯医者さんで虫歯の治療をしようと思うと、まず真っ先に浮かぶのが   「麻酔が痛い」 「削られるのが痛い」 「麻酔が効いていても鈍痛が不愉快」 「あの焦げたような匂いが耐えられない」   といったものです。   これらの治療対策として、オススメをしたいのが、   表面麻酔(表面に塗るだけの麻酔です) 極細電動麻酔(注射をイメージされ
続きを読む >>

歯医者が怖いという方へ必見

IMG_0032

よく多くの方から「歯医者は怖い」「歯医者は苦手だ」といった声を聞きます。よくよく聞いてみると、子どもの頃 虫歯の治療の時に痛くてパニックになってしまった、歯科治療の時に大人しく出来なくて怒られたことで、歯科治療恐怖症になってしまった、嘔吐反射がありどうしても気持ち悪くなってしまうなど、それぞれにいろんな怖くなってしまった理由があるかと思います。だからと言ってこのまま虫歯や歯周病をほおっておいても大
続きを読む >>

むし歯の治し方と基礎知識

日本人の健康問題の中でも特に悩みが多いのがむし歯です。幼少期から大人になるまで悩まされるという人は多いですが、そのメカニズムを知っている人は余り多くありません。可児市や多治見市には数多くの歯医者がありますが、しっかりとむし歯のメカニズムをしっておけば歯医者にかかる際にもその効果は倍増します。予防にも役立ちますから是非ともしっかりとむし歯の仕組みを知っておきましょう。 むし歯の菌にも色々なものがあり
続きを読む >>

歯周炎の適切な治療方法とは

歯周炎は非常に厄介な病気であり、歯茎に炎症が起こる歯肉炎が発展して歯周炎に進行していく事になり、歯周炎の場合は歯肉等の歯周組織が段々と壊れていく事にもなりますから、歯がグラグラと動き始める事にもなり、激しい痛みが発生する事にもなりますから適切な治療を行う事が必要です。 この歯周炎の原因は歯肉炎と同じく口腔内の汚れから発展していく事になり、基本的な治療方法というのはプラークコントロールで歯垢の除去を
続きを読む >>

歯肉炎の原因とは

歯茎をチェックして腫れている場合は注意が必要であり、気になった場合は痛みが無くても歯医者に相談して対応してもらう事が望ましいです。 歯茎部分の腫れは歯肉炎と言われる症状である可能性が高く、歯肉炎の原因の殆どは歯と歯茎の間に蓄積した歯垢によって炎症を起こしたものであり、歯肉炎は歯周病の初期段階で痛みや自覚症状も無く、歯磨き時に出血する事から気がつくという方が殆どです。 歯肉炎は歯肉が赤く腫れたり、歯
続きを読む >>

歯ぐきの腫れの原因とは

ある日突然、歯茎が腫れて痛くなっていることに気づくということは誰にでもあると思います。 歯茎が腫れて、内部に膿や水のようなものが溜まっていることが自分自身で気づくととても気持ち悪いものです。こうなると歯医者さんにいって治療を受けなくてはいけなくなりますが、歯医者さんには出来るだけ行きたくないと思う人も多いはずです。 歯医者さんで治療を受けなくても良いように、歯茎の健康を保ちたいのであれば、歯茎の腫
続きを読む >>

歯ぎしりと歯並びの関係とは

寝ている時にぎしぎしと歯がなってしまう歯ぎしりは、一緒に寝ている人に大変迷惑ですし、歯の健康上も放っておくとよくないものです。 歯ぎしりの原因としては様々なものが考えられていますが、そもそも歯ぎしりには、3つのタイプがあります。   その3つのタイプとは、 ・食いしばり型 ・ギシギシ型 ・カチカチ型 の3タイプの歯ぎしりをいいます。   食いしばり型の歯ぎしりとは、歯に力を入れ
続きを読む >>

顎の状態をチェックする項目一覧

顎というのは食事をするときだけでなく、会話をするとき、表情を作るときにも大きなポイントになる体の場所で、とても大切なものです。顎の状態が悪いと、いろいろな症状が出ることがあります。   顎が痛いというだけですめば良いのですが、顎が開かなくなってしまったり、顎がカクカク、ジャリジャリと音を立ててしまったり、ということもあります。さらにそこから、頭痛や目まい、体のバランスを失ったために首や肩
続きを読む >>

理想の歯並びとは

歯というのはとても重要なもので、歯並びによっては、顔の筋肉のバランスが変わって、別人のように変わっていってしまったり、体のバランスがくずれて肩や腰の痛みにつながったり、ということがあります。またきちんと物が噛めないために内臓に負担をかけてしまったり、噛み合う歯と噛み合わない歯によって、さらなる噛み合わせの悪化をまねくこともあります。多少見栄えが悪いというくらいなら本人の自由ですが、健康に問題のある
続きを読む >>

歯がかけてしまった場合の対処法とは

もしかしたら、歯をぶつけて前歯がかけてしまったりすることも全くないとはいえません。特に、お子さんが歯をぶつけてかけてしまったりすることもあります。急に歯がかけてしまったら誰でも驚いて慌ててしまいます。ですが、虫歯でなければかけてしまった歯を元の位置に付けることは出来るので、そこまで心配はしなくても大丈夫です。特に前歯が欠けてしまった場合はピッタリくっつくことも多いです。ですが、いくら歯医者に行けば
続きを読む >>