残存歯と生涯医療費の関連性

以前、生涯医療費が歯で決まるという記事がありました。企業関連健保組合などの調査から歯医者で定期ケアをする人ほど医療費が安くなるということが明らかになり、数か月おきのメンテナンスを続けていくことが結果的に全身の健康にもつながるということでした。   残存歯と生涯医療費には関連性があるといわれています。また、歯周病が全身性疾患と関連性があり、残存歯が多いほど生涯医療費が少なくなるという傾向が
続きを読む >>

日本と海外の予防歯科への認識の差

日本は世界一の長寿大国といわれます。しかし、残っている歯の本数は80歳の日本人の平均が6.8本に対して、85歳のアメリカ人の平均が15.8本、75歳のスウェーデン人の平均は19.5本といわれます。どうして長寿大国の日本は歯が残せず、欧米人は残すことができているのでしょうか。   その違いは定期的にメンテナンスしているかどうかといわれています。日本は世界一の長寿の国ですが、同時に歯で長期間
続きを読む >>

8020運動について

歯科学会が提唱していることに、8020運動というものがあります。はちぜろ、ではなく、はちまるにーまる、と読みます。 これは、80歳までに、20本の歯を残しましょうという運動です。20本程度残っていれば、ものを食べる場合にも充分な力を残せている、とされているのです。   日本人の平均寿命というのは世界トップクラスなのですが、実は歯に関してはかなり劣っていると言わざるをえない状況なのです。6
続きを読む >>

歯科衛生士とは

歯科医で治療を受ける時に、歯医者の横で治療をサポートする人がいます。それが歯科衛生士です。 可児市でもそうで、歯科衛生士の仕事は大きく分けて三つあります。 歯科診療の補助、歯科予防処置、歯科保健指導です。   歯科診療の補助というのはおなじみの行為で、歯医者の補助です。歯の治療は、歯医者だけでやることではなく、治療のメインは歯医者ですが、歯にかぶせるものを作る歯科技工士、歯科衛生士も治療
続きを読む >>

予防歯科の重要性

自分の歯が、虫歯で痛くなったり、歯がグラグラしたりという歯の異変を感じたら、歯医者に行くことが当然だと皆さんが思っていると思います。 ですが、最も理想的なのは、あらかじめ病気にならないように、虫歯の元を絶って、口の中を清潔に保っていれば、治療で痛い思いをしたりダメージを受けたりする負担がなくなるとともに、なくなっても二度と生えてくることがない自分の歯を失うリスクにさらされずに済みます。 &nbsp
続きを読む >>

予防歯科とは何か

多治見市の歯医者をはじめ、多くの専門家が予防歯科を勧めています。予防歯科とは簡単にいえば歯に問題が生じてから対処することではなく、予防を主とすることです。そのためには歯医者での定期健診、そして歯医者の指導に基づいて毎日セルフケアを行うことが重要となるわけです。多治見市の歯医者はこのような指導を行ってくれます。そのためまずはそれらの指導に基づいてセルフケアとして何ができるかを知る必要があります。歯や
続きを読む >>

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属と汗などが反応して発症するアレルギー症状を言います。金属は汗などの体液に触れると溶け出す性質があり、それがイオン化して身体のタンパク質と結びつくとアレルギー源となって、かゆみやかぶれなどのアレルギー症状を引き起こします。   金属アレルギーでよく耳にするのは、ピアスなどのアクセサリーが原因で発症するという事例です。 アクセサリー類で話題に上る金属アレルギーですが、
続きを読む >>

歯を削ることはなぜよくないのか

最近は、美容整形などが盛んで、歯についても美容感覚で歯医者で歯を削ってしまう人もいますが、歯を削ることはおすすめできることではありません。なぜかというと、私達の歯は、時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。噛み合わせが悪くなると、虫歯の原因にもなりますし、治療した歯も問題を起こしますし、歯茎にも骨にも顎にも体にも様々な問題を起こします。自然に生えてバランスが取れているものを削ってしまう
続きを読む >>

入れ歯の種類

入れ歯の種類はとても豊富で、使う人の状況によって使い分けることが出来ます。入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。部分入れ歯や総入れ歯の治療を始める前に、保険診療で受けるか、保険外の自由診療で受けるかを選択します。保険診療の特長としては費用負担が少ないことが挙げられます。自由診療の特長は入れ歯の材料の選択肢が広がることが挙げられます。どちらが適しているかは、患者一人ひとりによって異なっています。
続きを読む >>

入れ歯とは

入れ歯は、歯を失った場所に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込み、周囲の歯にバネで固定する方法です。保険でつくることができ、早期かつ安価にできるという点にメリットがあります。また、健康な歯を削る量は非常に少ないといったメリットがあります。   しかし、お餅など歯にくっつきやすいものや噛めないものがあり、天然歯が無くなっているために顎骨が痩せやすくなるというデメリットもあります。また、周囲の歯に
続きを読む >>