こんにちは、ただこし歯科の三輪田です。 今年も早いものであと一月となりましたが最近急に冷え込んで来たように思います。 こういう時期は体調を崩しやすく、実際に風邪を引かれた方も多いのではないでしょうか? 風邪をひくといつも思うのですが、体調不良に陥ると周囲にも迷惑をかけてしまいます。 この冬はそのようなことのないよういつも以上に自己管理を徹底させるよう心がけるようにしていきたいと思います。 &nbs
続きを読む >>

東京の研修会参加

IMG_4044

可児は元より多治見や土岐からも通って頂けます、ただこし歯科の河野です。先達ては全顎的な包括歯科治療の研修会を受講しに東京まで行って参りました。歯周外科、インプラント、矯正、補綴(被せ物)、顎関節治療を駆使した歯科界最高峰の症例をみせてもらい、学習しました。このような数々の技術を駆使したフルマウスの治療はなかなかすぐには習得できませんが、今のうちから一流の歯科医のワザに触れ、自分には後何々足りない部
続きを読む >>

歯の抜歯について

こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。今日は歯の抜歯についてお話ししたいと思います。 歯医者さんは歯を治すところですが、歯の最後は治療ではなく抜歯になります。抜歯も治療行為ではありますが、歯はなくなってしまいますので、歯を治すことを目的とする歯科医師にとっては抜歯はあまり選択したくないものではあります。しかし、もう残せないと判断したり、置いておくより抜いたほうがメリットが大きいと判断したも
続きを読む >>

口内炎について

みなさんこんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。今日は口内炎についてお話ししたいと思います。 口内炎と一般的に呼んでいるのはアフタ性口内炎で、周囲が赤く、中央が白っぽく陥没しているような炎症性病変で、接触時痛があり、1~2週間程度で自然治癒するものです。成因は誤咬や慢性刺激等がありますが、明らかでないものもあります。一度出来てしまうと治癒するまでの間、食事や会話といった日常行為に支障を来すほ
続きを読む >>

レントゲン写真はなぜとるの??

みなさんこんにちは(^౪^) 久しぶりに歯医者に来た時、レントゲン写真を撮りますねと言われてなぜまたとるの?? 虫歯は入り口が小さな穴でも中で大きく広がっていることもあります。(図1) レントゲンでは虫歯から神経までどれだけの距離があるか、外から見えない場所(隣り合っている歯と歯の間など)から虫歯になっていないか見つけることができます。(図2) また、根のさきに膿の存在があるか、さらにその大きさや
続きを読む >>

こんにちは、ただこし歯科の三輪田です。 先日、以前にもお話したインプラントのセミナーを受講してきました。 インプラントの術式の幅を広げられたらと思って受講しましたが非常に濃い内容で説明も分かりやすくとても勉強になりました。 今後もさらに勉強して日々の診療にいかしていきたいと思います。

☆入れ歯のお手入れについて☆

みなさんこんにちは。岐阜県可児郡御嵩町の歯科医院、ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。紅葉がとても綺麗ですね!私は愛知県の出身なのですが、この時期になると毎年香嵐渓へ行きたくなります。とても混雑し渋滞もはげしいので最近はご無沙汰ですが・・・。あの見事な紅葉!来年はまた行けるといいなと楽しみにしています。名所には行けませんでしたが、実は毎日の通勤で紅葉を満喫しています。中央自動車道を利用しているの
続きを読む >>

歯医者が嫌いなお子様の治療について

皆さんこんにちは。岐阜県御嵩町の歯科医院、ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。急に寒くなりましたね・・・。寒さにとても弱い私は冬が大の苦手です。人一倍さむがりなのは冷え性からきていると思います。冷え性をどう改善させていくかが今の私の課題です。冷え性の改善にはまず食生活を見直す必要があると思い、できる事からやってみています。   急に寒くなると、季節の変わり目で体調を崩してしまう方もおみ
続きを読む >>

顎顔面の成長発育

  大学の歯科矯正の教科書の半分くらいは人間の顎顔面の成長や 発育の仕方が論述されています。人間の顏の骨は複数の骨で構成されています。 下顎下顎骨、上顎骨、口蓋骨、蝶形骨、頰骨、側頭骨、鋤骨、篩骨など 複数の、骨の複合体が顏の骨なのです。成長段階で骨が大きくなるのは、骨と骨 を繋ぎ合わせてる繋ぎ目が成長するからです。そして、骨を覆っている膜も成長に 深めく関与しています。決して、骨のど真
続きを読む >>

親知らずと知覚鈍麻

こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。 今日は親知らずと知覚鈍麻についてお話ししたいと思います。 知覚鈍麻とは、字の如く知覚が麻痺することです。それが親知らずと何の関係があるのかと思われる方もいらっしゃるでしょう。親知らずがスペース不足で横を向いたり、生えてこなかったりすることがあることはお話ししたと思います。下の顎の骨の中には、下唇やお口の周りの知覚を司る神経が走っています。その神経は骨
続きを読む >>