歯医者のあとは献血できません

最近暖かくなってきて、桜の花が咲きかけてきましたね。 今回は、豆知識を書きたいと思います。 歯科治療のあと3日間は献血できないことを知っていますか?   献血に行くと必要事項を記入する用紙があります。 そこに「最近歯科に行きましたか?」という質問があるのをご存じでしょうか?   献血と歯科治療って関係あるの?と不思議に思われるかもしれません。 実は出血をともなう歯科治療を行った
続きを読む >>

Θ Θ Θ 甘い物 Θ Θ Θ

みなさん こんばんわ (^o^)/ 今月は バレンタインデーもあったりして、他の月よりたくさんチョコを食べませんでしたか? ♡ ときどき患者さんから 『甘い物がしみるのですが、なぜですか?』 と聞かれることがあります。 歯が痛い場合、その原因はさまざまです。 虫歯や歯周病、親知らずなど、その症状によって異なってきます。 では 甘いものを食べると どうして歯が痛いのか? 甘いものとは、「糖」が使われ
続きを読む >>

コーヒー

こんにちは。 最近私は、苦手だったコーヒーを克服しました。 まだブラックの苦さの良さはわかりません・・   コーヒーを好きな方は多いですよね。 しかし、コーヒーは歯を茶色くしてしまう着色の原因にもなっているんです。   コーヒーは主にカフェインとポリフェノールという2つの成分が含まれており、着色の正体はポリフェノールです。 ワイン・ココアにも含まれております。 歯についてしまっ
続きを読む >>

お口が乾いたら…

お口が渇く、唾液があまりでない と感じることはありませんか? そんな時は唾液腺を刺激して たくさん唾液がでるようにしてみましょう✴ 口の中には耳下腺、顎下腺、舌下腺 という大きな唾液腺があります。 この回りをマッサージすると唾液が じわ~っと出てきてお口が潤ってきます(*^^*) 今回は舌下腺のマッサージについて お話しします! まず、舌下腺は顎の先の 内側のくぼみにあります

口呼吸のデメリット

こんにちは(^_^)! 今日は口呼吸のデメリットについてお話をします。 口呼吸には様々なデメリットがあります。 例えば、 ・風邪を引きやすい ・むし歯になりやすい ・口臭の原因 ・アレルギー などです。 口呼吸になってしまう原因も様々ですが、口の周りの筋肉も関係しています。 そこで、鼻呼吸を取り戻すためにオススメな“あいうべ体操”を紹介します。 やり方は簡単です!! ①あーと口を大きく開ける ②い
続きを読む >>

歯周病って・・・

  こんにちは(^○^) もう2月も終わり、もうすぐ春の嵐が吹き荒れる3月になりますね!同時に花粉症の方が困る時期にもなってきましたね・・・対策頑張りましょう☆   今日は、歯周病についてお話していこうと思います。 成人の約8割の人が歯周病にかかっていると言われています。歯を失う原因の第1位にもなっている歯周病・・・。しかもその影響は口の中だけに留まらず、体中でさまざまな病気の
続きを読む >>

歯周病と生活習慣

みなさんこんにちは!   明日からは3月ですね☆彡     昼間は暖かい日も増えてきたので、   どこかにお出かけしたいなーと思ってます( *´艸`)     朝晩は冷えて気温に差があるので、 体調にはお気を付けくださいね。     今日は歯周病と生活習慣についてお話ししたいと思います!     歯
続きを読む >>

オリンピック

みなさんこんにちは! 歯科衛生士の堀井(佐合)です☆ 平昌オリンピックの スピードスケートの小平選手・髙木姉妹、フィギュアスケートの羽生選手、感動しましたね!! スポーツ選手の中には、衝撃や噛みしめの負担から歯を守るためにマウスピースを付ける方や、競技があります。ボクシングや、ラグビーでは当たり前のように使うことはよく知られていますね。 スピードスケートも転倒時のケガ防止にマウスピースを着用する選
続きを読む >>

正しいブラッシングをしていますか?

こんにちわ。技工士の井口です。 最近は暖かい日もでてきて、早く春になってほしい今日この頃です。 さて、今回は、「正しいブラッシングをしていますか?」 というテーマです。 歯周病の予防にも治療にも歯垢を落とす歯磨きが不可欠です。 歯垢とは、300種類以上もの細菌の塊で、その中に歯周病を引き起こす「歯周病菌」も含まれています。しかし、漠然と磨いているだけでは、食べかすはとれても、 歯垢をきれいに取り除
続きを読む >>

噛み合わせが悪いと、、、

こんばんはぁ。 御嵩町ただこし歯科クリニックのブログをご覧 頂きありがとうございます。 今回は噛み合わせについてお話します。 私たちは、上と下の歯をしっかりと噛み合わせ ることで食べ物を砕いたり、つぶすことができ ます。 上と下の奥歯が同時に触れ合っています。触れ 合う場所が違っていると、噛む力ごアンバラン スになり、力が均等にかからずに一点に集中し てしまいます。 これが悪い噛み合わせです。 噛
続きを読む >>