歯ぎしりくいしばりについて

こんにちは。最近暑い日が続いていますね。
みなさんの中で歯ぎしりを自覚している方は少ないのではないでしょうか??
歯ぎしりは無意識に歯をすり合わせたりする行為です。実は日本人の多くが歯ぎしりを経験しているのですが、自覚していないことが多いのです。
歯ぎしりの原因で最も有力なのがストレスです!!肩こりなどと同じようにストレスによる緊張によって筋肉が張ってしまい、歯ぎしりが起こることがあります。
また、無意識に行っている癖が夜寝ている時に出てしまうこともあります。日中食いしばりが多い人は筋肉が記憶していて、寝ている間も行なってしまうのです。例えば子供の指しゃぶりなどと同じように無意識に出てしまいます。
長年歯ぎしりをすることによって、歯が擦り減ってしまったり、歯を支えている骨が減ってしまったり、顎に負担がかかるなどの症状がでてしまいます。
しかし、歯ぎしりは原因が不明なために治療を行なっても確実に止めることはできません。そのままでは歯や顎に悪い影響を及ぼすためマウスピースによって歯を守ることが大切です。

歯科衛生士 星原