悪い歯並びにより歯を失ってしまう。

31最近治療や相談に来られる方と話してみて思うことは、歯を失う方の多くが歯並びが悪いことをとても実感します。歯並びが悪くて、おじいちゃん、おばあちゃんくらいになられたときに、多くの歯が残ることはあまりありません。これはかみ合わせが悪いことや、歯ぎしりなどによることが多いのですが、バランスが悪いまま、日々の歯磨きや予防のメンテナンスをしても、どうしても難しい場合が多々あります。そのため、歯並びが悪い場合は、まずは歯並びを良くして、かみ合わせを改善することをお話しします。長い目で見た時、結果としてそのほうが歯が長持ちするのです。口の中を見せて頂いたとき、例えば虫歯になったところだけを診るのではなく、口の中全体を精査し、すべての歯を長持ちさせるにはどうしたらいいかを考えます。そのため当院では、矯正担当、インプラント担当、入れ歯、抜歯を得意とするなど、専門的な知識、技術を持つDrがおり、総合的に診療できる体制を整えています。いろんな悩みや不安を抱えている方、ずっと気にしていたことなど、あまりほかの人には話しにくいことも遠慮なくご相談ください