抜髄の必要性

多治見市の歯医者だけに限らず、抜髄は一般的に行われている歯の治療方法です。歯の内部には歯髄というものがあります。これを取り除くことで歯は痛みを感じることがなくなります。そのため痛みの伴うむし歯を治療する際は多治見市をはじめ多くの歯医者が歯髄を取り除く治療を行うわけですが、これを抜髄といいます。またむし歯が歯の深いところにまで達している場合、むし歯菌などによって歯髄が汚れている場合があります。このような状態を放置しておくと歯だけではなく、体全体に悪影響が及ぶことがあります。こうしたことを防ぐためにも抜髄は必要です。
多治見市をはじめ、全ての歯医者は抜髄を行うときには必ず部分麻酔を使用します。歯髄は歯にとっては神経同様であり、これに触れることで大きな痛みを感じるからです。麻酔が十分に利いてきたら歯を削って歯髄を抜き取るための穴を開けます。そしてこの穴を上手に広げていくためにリーマーという細い針のような器具を用います。このリーマーを歯にねじるようにして入れ、抜髄しながら穴を広げていきます。リーマーには様々な太さのものがあり、多治見市の歯医者は患者の状況に合ったリーマーを用いて治療を行ってくれます。また菌の混じった歯髄に長い間触れていた象牙質も影響を受けていることがあります。この場合そのような象牙質も削り落とす必要があります。この作業を行うために多治見市の歯医者はファイルという器具を使用します。リーマー同様、ファイルも細い針のような形をしています。また太さも様々なものがあり、患者の状況に合わせて使用することができます。ファイルはヤスリのような役割をし、リーマーで広げた穴の表面を削るために用いられます。しかし最近ではどちらも似たような役割を果たす器具であるために、多治見市の歯医者の中にはどちらか1つを用いて抜髄を行う人もいます。その後歯髄の入っていた場所に薬を入れ、仮蓋をしてしばらく様子を見ます。多くの場合、歯髄や削り取るべき象牙質は1日で完全に除き去ることはできません。そのため多治見市の歯医者は抜髄をして薬を入れるという作業を数回繰り返します。これが一般的な抜髄流れです。
確かに痛みはなくなりますし、歯髄がむし歯菌によって汚れている場合に抜髄は大きな働きをします。しかし痛みを感じなくなった歯は死んだ状態にあるために、変色してしまいます。また突然根が折れてしまうこともあり、このようなケースでは歯を抜かなければならなくなります。そのため多治見市の歯医者は抜髄という治療法があるから安心するのではなく、常日頃からむし歯にならないように歯をケアすることを勧めています。