インプラントと入れ歯とブリッジの違いとは何かについて

入れ歯やブリッジと違い、インプラントは歯医者さんで顎の骨に直接固定してもらうため、天然歯のように使えるのが最大のメリットです。半永久的に自身の歯と同じように使え、しっかりと噛むことができるようになります。そのことで、食べ物がおいしくなったという人や、歯が美しくなって笑顔に自信がでたという人も多くいます。
インプラントは基本的に自費診療による治療となります。多くの場合にはインプラント体にはチタン製の金属が使用されますが、非金属の人工ダイアモンド製のジルコニアインプラントは材料として現在、注目を集めています。
ブリッジは両脇の歯を土台にして、人工の歯を橋のように架けて使用する人工歯です。歯が1、2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けて使用します。また、歯根がしっかりしていれば、歯根に土台をたて、クラウンをかぶせるために型取りをして、ブリッジを作成しセメントで付けます。
それに対し、入れ歯は粘膜で支える義歯で、保険で造ることができ、健康な歯を削る量は非常に少ないといったメリットがあります。一方、お餅など歯にくっつきやすいものや噛めないものがあり、噛みあわせがすぐに変化してしまうため、装着時に痛みなどが生じる場合もあるという点がデメリットといえます。これらの補綴物を考えている場合には、詳細について歯医者さんに具体的に相談することができます。
岐阜県の多治見市のおなだ歯科医院は入れ歯のことで相談するならぴったりの歯医者さんといえます。歯医者さんでは様々な種類の入れ歯の中から一人一人にあった最適な入れ歯を提案してもらえます。歯にひっかける金具を無くすことにより、笑ったりするのに抵抗が無くなる金属のない入れ歯や、やわらかいシリコンでできており噛んでも痛くない入れ歯や、外れにくく、噛む能力も高くなるアタッチメント入れ歯など、様々な種類の入れ歯を提案してもらうことができます。おなだ歯科医院は、多治見インターから車で10分のところにあり、アクセスも比較的便利です。
また、多治見市にあるただこし歯科クリニックは岐阜県でもトップクラスのインプラント症例数300本という実績をもつ歯医者さんです。ただこし歯科クリニックは確実で安全なインプラント治療を大切にして、患者一人一人に合ったインプラント治療を提案してもらえる歯医者さんです。
ただこし歯科クリニックへのアクセスは、TSUTAYA多治見インター店から車で20分、多治見インターを下りて、TSUTAYA多治見インター店を目印に、タマホーム多治見営業所交差点を右折し、直進します。セブンイレブンのところを右折して直進しているとただこし歯科クリニックが見えてきます。
どちらの歯医者さんも、多治見市だけでなく、多治見市周辺の市からも患者が来院しています。また、歯医者さんにはパーキングスペースもあり、車での来院が便利です。