歯ブラシの種類と効果

歯ブラシは自分の歯に合った歯ブラシを使う事で歯磨きをより効果的に行う事が出来ます。

コンビニエンスストア、スーパー、薬局などで沢山の種類の歯ブラシが販売されていますが、大事な事は、一本の歯ブラシを歯磨きの際に使うのではなく、複数の歯ブラシを用途に合わせて歯磨きの際に使う事が大事です。

今回は、「歯ブラシの種類と効果」についてご説明させていただきます。

■基本となる歯ブラシを選ぶ

歯ブラシは一本だけではなく複数の歯ブラシを選ぶ事が重要ですが、まず最初に「歯磨きの基本となる歯ブラシ」を選びましょう。

歯磨きの基本となる歯ブラシとしては、歯ブラシの毛の束が縦方向に3列、歯ブラシの毛束の縦の長さが「人差し指の第一関節の部分」くらいの長さの歯ブラシを選ぶと歯磨きがしやすいと言われています。

基本となる歯ブラシを選ぶ際には、何本か複数の種類の歯ブラシを試してみるのも良い方法の一つですね。

■補助となる歯ブラシを選ぶ

歯磨きの基本となる歯ブラシを選んだ後は、奥歯などの磨きにくい部分を磨く為の「補助となる歯ブラシ」を選びます。

補助となる歯ブラシには、以下の種類があります。

・ブラシ部分が小さい歯ブラシ

通常の歯ブラシよりも歯ブラシの毛束が2列以下と少なく、通常の歯ブラシでは入りにくい奥歯などを磨くのに適しています。
矯正治療をしている人にも適している歯ブラシです。

・ワンタフトブラシ

歯ブラシの毛束が1本にまとまった小さな歯ブラシで、歯の隙間を磨くのに適しています。

・歯間ブラシ

デンタルフロスでは細すぎる、またはワンタフトブラシでは大きすぎる、といった場合に歯の隙間を磨く為に使用します。
歯と歯茎の間の隙間を磨く際に便利なブラシです。
すきっ歯と呼ばれる歯と歯の間が開いている人にも適しています。

■歯ブラシの「毛のかたさ」を選ぶ

歯ブラシには大きく分けて「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類の毛のかたさがあります。

一般的には「ふつう」の毛のかたさの歯ブラシを使うのが良いとされていますが、歯磨きの際に歯ブラシにどうしても力が強く入ってしまうクセがある人は「やわらかめ」の歯ブラシを選ぶと良いでしょう。
また、歯磨きの際に力を入れづらい、普段の歯磨きで弱い力で磨いている、という人の場合は「かため」の歯ブラシを選ぶと効果的に歯を磨く事が出来ます。

【歯ブラシ選びと購入は多治見市の歯医者がおすすめ】

多治見市内にある多治見市の歯医者では治療を行っている患者さんが歯医者の院内で歯ブラシを購入する事が珍しくありません。
多治見市内にある多治見市の歯医者では患者さんの歯に合った歯ブラシを歯医者がアドバイスしてオーラルケアの指導を行っている歯医者も多く、歯ブラシを院内で販売している多治見市の歯医者も多いです。
歯ブラシの購入相談は歯のプロフェッショナルである多治見市内の多治見市の歯医者に相談される事をおすすめします。