歯ブラシの適切な交換頻度

歯ブラシは虫歯を防ぐためにはとても大事なアイテムですが、ずっと同じ歯ブラシを使って毛先がばらばらになってしまっている人も多いのではないでしょうか。歯磨きで虫歯を防いで歯医者さんで治療を受けなくてもいいようにするためには、歯ブラシの交換時期には注意が必要といえます。

 
歯磨きをしていても、虫歯になって歯医者さんで治療を受けたという人は歯ブラシをチェックして見るのもいいかもしれません。
そもそも、歯ブラシをいつ交換したかも覚えている人は少ないのではないでしょうか。毎日の生活の中で歯ブラシの使用期間を気にすることはほとんどないでしょうから、何年も同じ歯ブラシを使っている人もいるかも知れません。ですが、歯ブラシ一つといえども油断は禁物といえて、長く使い過ぎると歯ブラシの機能は弱まってしまうので注意が必要です。

 
そこで、歯ブラシを交換する目安としては、まず、歯ブラシの見た目でチェックできます。たとえば、
・  歯ブラシの毛先が開いてきた時
・ 毛の弾力がなくなってきた時
というのは歯ブラシを交換する時期のサインともいえます。

 
それでは、歯ブラシの毛先が開いてきた時をどのように判断するのかというと、歯ブラシの毛の反対側から見てチェックすると、歯ブラシの毛先の開き具合がよくわかります。そんなに歯ブラシを使っていなかったとしても、歯ブラシのヘッドから毛先がハミ出してきたら、使用期間に関わらず、交換すべき時期と言えます。

 
また、毛の弾力がなくなってきた時も歯ブラシを交換するサインです。弾力がなくなってくると綺麗にブラッシングすることが出来なくなってくるので、交換したほうが虫歯予防になります。歯ブラシの毛先が開きにくい材質の歯ブラシも販売されているので、毛先が開いていないように見えても、弾力が不足しているように感じられるのであれば、好感するのがベストといえます。

 
そして、いづれにしても歯ブラシは期間で言えば1ヶ月に1度は交換するのが言いといえます。
歯ブラシに関する知識は意外と少ないので、歯医者さんへ治療に行った際に、歯医者さんがおすすめする歯ブラシは、歯ブラシの交換時期について聞いて見るのもいい方法です。

 
多治見市にもたくさんの歯医者さんがあるので、虫歯になってから歯医者さんに行くのではなく、虫歯予防に歯医者さんを利用したり、歯に関する相談で歯医者さんを利用することも大切なことといえます。