矯正をする期間について

歯並びに悩みを抱えている人が歯医者さんでの歯の治療をしようと考えた時に選択する方法としては歯並びの矯正の方法があります。歯並びの矯正の方法といっても最近では様々な方法があって、矯正方法によってその治療にかかる期間も様々であるといえます。

 
歯の矯正方法として最もメジャーといえるのが、ブラケット矯正です。ブラケット矯正は歯並びと噛み合わせを治すことができる矯正治療で、ブラケット矯正は一つ一つの歯に矯正装置をつけて歯の位置を微妙に調整していくので、0.1mm単位で歯の位置を決めることができるので、とても綺麗な歯並びを得ることが出来ます。この治療方法でいくと矯正にかかる期間としては、2年半から3年程度の治療期間が必要になってきます。

 
ブラケット矯正は、ワイヤーを歯に固定するので、見た目に矯正していることがはっきりと分かるのが難点ですが、その点をカバーしてくれるのがマウスピースによる矯正です。この治療方法であれば1年から2年程度の矯正機関が必要となります。また、大きな力を加えることが出来ないので、歯を大きく動かすというような矯正には向いていません。

 
また、短期間で矯正をする方法として、部分矯正があります。気になる部分だけを削ったり抜歯したりして矯正していくので、治療期間は、3ヶ月から1年程度と先に紹介した治療方法よりは短期間で治療をすることができますが、歯並びを治せてもかみ合わせは治せないといった欠点もあります。

 
更に短期間で済ます方法としては、部分矯正とインプラントなどの人口の歯を併用したハイブリット治療といった方法もあります。ワイヤーでの矯正が周囲に分かってしまうことに苦手間がある人や、短時間で矯正したいという人にはおすすめの治療方法と言えます。

 
このように歯の矯正方法は様々で、治療に期間も治療方法で随分と変わっていきます。
どのような治療方法が良いのかはやはり専門家である歯医者さんにいって治療方針を歯医者さんに出してもらうことが一番と言えます。歯の矯正に何を求めるのかでも治療方法も変わってくるので歯医者さんにしっかりと自分の意向を伝えることも大切です。

 
多治見市内にも歯医者さんはたくさんあって、矯正治療を手がけてくれる歯医者さんもたくさんあるので、自分にあった歯医者さんを見つけて相談にいくことがベストです。いづれにしても歯の矯正にはある程度の時間が必要ですから気長に歯医者さんとともに治療を継続することが大切です。