マウスピースを作るためには

矯正治療をしたいけれども金属の装置が目立つのが不安という人や、食事の時につけていることが不快といった場合には、歯医者さんでマウスピース矯正という方法で矯正治療を行うことができます。取り外しが可能で外から着けていることが分からないため矯正装置も目立ちません。

 
多治見市にあるただこし歯科クリニックではアメリカ製のインビザラインというマウスピース矯正装置を作成してもらえます。インビザラインは米国のアラインテクノロジー社開発のマウスピース矯正です。世界で約250万人の患者が使用している透明感のあるマウスピースで、薄くて軽く使いやすいという特徴があります。インビザラインはオーダーメイド製の矯正装置で、歯医者さんなどで型取りを行い、患者一人一人に合わせたオリジナルのマウスピース矯正装置を自宅で装着します。週間に1回の交換を行いながら歯を徐々に動かすため、通院間隔が少ないのが特徴です。矯正治療をしたいけれど金属の装置が目立つという理由で矯正治療をためらっている患者さんにピッタリの矯正装置です。

 
ただこし歯科クリニックは矯正治療の症例経験も豊富にある歯医者さんで、多治見市内だけでなく多治見市以外の可児市や土岐市にもあり、患者は多治見市内や多治見市外からも通院しています。多治見市のただこし歯科クリニックは多治見市のインターからも約20分でアクセスでき、車の通院も便利な歯医者さんです。また多治見市の駅からもアクセスできる歯医者さんです。

 
マウスピース矯正では従来型ワイヤー使用の矯正装置とは違い、プラスチック製のマウスピースを使用して歯を動かします。マウスピースの設計は、コンピューター上で正確に行われ、治療スケジュール毎に一度に作成することができるようになっています。このため、これまでの矯正治療のように何度も何度も歯科医院へ通って確認や調整を行う必要がなく、歯医者さんでの少ない治療回数で治療ができるという点で、患者負担が軽減されるようになっています。
ワイヤーを使用した矯正治療の場合、歯に対して力を加えるため、どうしてもある程度の痛みや違和感が発生していました。しかし、マウスピース矯正の場合には、一度に歯を動かす限度が決まっており、過度に力が加わることがないため痛みがずっと少なくてすみます。金属の装置が目立つのが不安という人や食事の時につけていることが不快といった人は、歯医者さんでマウスピース矯正という方法で矯正装置を作ってもらうことができます。