顎の関節がガクガクしてきたときの対処法

顎の関節がある時から突然ガクガクしてきて、顎が鳴ったり、顎が痛んだりする事があります。

これら3つの症状は、「顎関節症(がくかんせつしょう)」と呼ばれる「顎の関節の異常」の3大症状です。

顎関節症は現在、若い女性を中心として急増している症状の一つですが、顎関節症の症状は自然に治癒する程度の軽い物から日常生活をまともに送る事が出来なくなってしまう程の重い物まで様々にあります。

今回は、顎の関節がガクガクし始めた時にまずはどのような対処をすれば良いのかについてご説明をさせていただきます。

■まずは安静にして様子を見てみましょう

ある日突然顎の関節がガクガクし始め、何だか顎の関節が痛いし、顎が鳴ったりする・・・そんな時にはまず自分自身で顎に負担をかけないようにして様子を見てみましょう。
顎に負担をかけない為には、

「口を大きく開けない」

「硬い食べ物を食べない」

「歯ぎしりをしない」

これらの事を気をつけてみると良いでしょう。
顎関節症の症状が比較的軽症である場合には口を大きく動かしたりせずに安静にする事で症状が治まる事もあります。

■数日経過しても治らない場合には歯医者へ

顎がガクガクする、顎が痛い、口を大きく開けられない、顎が鳴る、といった症状が数日経っても治らない場合には歯医者に行き、検査を受けましょう。

顎がガクガクしたり痛む時に訪れる病院選びで迷う人が居ますが、顎関節症は基本的には歯医者での治療となりますので、歯医者を訪れる事をおすすめします。

たまに顎関節症で耳鼻科もしくは整形外科などの他の診療科目のお医者さんで検査を受ける人も居るのですが、根本的な顎関節症の治療は歯医者で行うのが一般的です。

■歯医者で治らない場合には専門医を紹介する場合もあります

顎関節症の症状の重さによっては歯医者での治療が困難な場合もあります。
歯医者で治療が困難な顎関節症は顎関節症の専門医を歯医者で紹介されるケースが多いです。

顎関節症の専門医が所属する診療科目も歯科の分野である事がほとんどですが、中には接骨院の先生が顎関節症の専門医として治療を行っている場合もあります。

【顎関節症の治療は多治見市の歯医者がおすすめ】

顎がガクガクしてきたり顎の関節が痛む顎関節症は古くから岐阜県にある多治見市内の多治見市の歯医者が専門的な治療を行っている歯医者として知られています。
多治見市内の多治見市の歯医者は顎関節症のプロフェッショナルの歯医者が多い事で有名であり、他府県から多治見市内の多治見市の歯医者に顎関節症の患者さんが訪れる事も珍しくありません。
多治見市内の多治見市の歯医者では顎関節症の患者さんそれぞれの症状に合わせた適切な治療を行っており、多治見市の歯医者で治療を受けて顎関節症が治ったという患者さんも多いです。