歯並びが引き起こす主な病気

歯並びが悪いと、外見の見た目の印象が相手の人に悪く伝わったり、食べ物のかすがたまったりして虫歯になりやすかったりといったことを心配する人はたくさんいると思います。ですが、歯並びが悪いといったことは、単に見た目の良し悪しに影響があるだけではなくて、人間の身体に様々な悪影響を与えてしまう可能性があるといえます。歯並びの悪さが原因で、頭痛や肩こりだけでなく、全身のあちらこちらに影響が出る場合があるので注意が必要といえます。

 
歯並びが悪いと、思いもよらないような病気の原因になっている場合があります。事実かみ合わせなどを治療することによって、体の不調が直ってしまうといった人も実際に存在します。それほどに歯は体の重要な部分を占めているといえます。

 
たとえば、歯並びの悪さが原因で不眠症になるといった症例もあります。歯並びの悪さから、歯ぎしりなどの症状を引き起こして、顎や全身に力が入ってしまい安眠できないといった症状を起こす人もいます。また、脳に送られるかみ合わせの信号が偏ってしまうと、脳が活動的な状態になってしまい、常に脳が起きた状態で眠ることが出来ずに不眠を引き起こしてしまいます。

 
また、不眠以外にも視力に影響を与える場合もあります。歯並びが悪くて、かみ合わせが悪いと眼球を包む骨に刺激が集中してしまい、それが眼球を圧迫して仮性近視となってしまうことがあります。この状態を治療せずに放置していると、近視の状態が慢性化してしまい、真性の近視に発展する場合もあるので注意が必要です。

 
その他にも、物を充分に噛まずに飲み込んでしまうため、消化が上手くいかず、そして、噛むことによって脳に送られる刺激が減少して、満腹感が得られず食べ過ぎの原因になり肥満を導いてしまいます。

 
また、歯並びが悪いと、特定の歯だけが噛み合う場合はその歯を頻繁に使用してしまい、偏った歯の使い方がが首の筋肉を圧縮させ動脈を圧迫してしまいます。そうすると、血液の循環が悪くなり心臓に負担がかかり、高血圧を招いてしまうこともあります。
このように歯並びが悪いだけで体のあちこちに不調を生じてしまいます。ですから、歯並びは早期に歯医者さんで治療を受けることがお勧めと言えます。歯医者さんは、虫歯を治療するだけでなく歯の矯正を専門とする歯医者さんもあるので、歯医者さんで相談することがベストです。

 
多治見市内でも歯の矯正を専門とする歯医者さんやその他の分野を得意とする歯医者さんはたくさんいるので、最寄の歯医者さんに行ってみると、体の不調が意外にも解消されるかもしれません。