歯が引きおこす主な病気とその症状

歯は食べ物を噛み砕いて食べやすくするためにあって、その他には身体に大きな影響を及ぼさないと思っている人も多いと思います。虫歯になれば歯医者さんで治療をうければそれで大丈夫と簡単に考えている人も多いはずです。ですが、歯を大切にしないで歯周病などの病気を発症してしまうと、口内環境が悪くなるだけではなく、身体にも不調をきたしてしまう場合もあり、歯医者さん以外での治療が必要になる場合があるので注意が必要です。

 
歯が身体へ及ぼす影響として、
・ 狭心症、心筋梗塞
・ 脳梗塞
・ 糖尿病
といった病気を引き起こしてしまう危険性があります。

 
狭心症や心筋梗塞は、動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くなったり、ふさがってしまって血液が巡らないようになって最悪の場合には死にいたる危険な病気です。動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因として知られていますが、最近では、歯周病原因菌などの細菌感染が影響しているとも言われて始めています。

 
歯周病原因菌などの働きによって、動脈硬化を誘導する物質が出て血液の通り道は細くなり、血管についた付着物が剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まったりといった症状を発症してしまいます。

 
脳梗塞は、脳の血管が詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊等が飛んで来て脳血管が詰まる病気ですが、歯周病の人はそうではない人と比較して脳梗塞になり易いと言われています。

 
また、歯周病は糖尿病の合併症の一つと言われていますが、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという調査結果が存在します。歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという関係も明らかになってきているので、歯周病と糖尿病には深いつながりがあるといえます。

 
その他にも、歯が健康でなければきちんと食べ物を食べることが出来ないことから、最近話題の肥満体質になってしまったり、硬いカルシウム源を取ることが少なくなって骨粗しょう症になったりと、あらゆる病気の源に歯の健康状態が関わっているとも言えます。
このように体の健康に大切な役割を果たす歯に関しては、常にメンテナンスをすることが大切で、歯医者さんで定期的に検診を受けることも大切です。歯医者さんでは虫歯予防に配意した治療などもしてくれるので、歯の健康が気がかりな人は歯医者さんへとりあえずメンテナンスに行って見ることもいいことだと思います。

 
多治見市でもたくさんの歯医者さんがあって、それぞれに得意としている分野が異なるので、インターネットのクチコミなどを参考にして自分に合った歯医者さんを見つけて治療に行くことがおすすめです。