適正な入れ歯の手入れの仕方

何歳になっても出来るだけ健康な歯でいたいと思うのが当たり前だと思いますが、万が一歯がかけてしまった場合に入れ歯をしなければいけない事もあります。

 

入れ歯は嫌だと思うのが普通ですが、歯が抜けたままにしておくと、抜けた部分だけ歯の力が低下するばかりでなく、抜けた歯のまわりの歯が移動して上下のかみ合わせが悪くなり、どんどん噛む力が弱まってしまいます。歯を抜いたり、抜けた場合は必ず入れ歯をする必要があります。どうしても歯が気になる場合は歯医者に行って入れ歯を考えなければいけないので、相談してくることが必要です。

 
もし、入れ歯をした場合には手入れをしなければいけないので、面倒臭がらずに手入れを必ずしましょう。まず、入れ歯の注意点ですが、汚れが細菌が付きやすいこと、においも吸着されやすいこと、瞬間に細菌が繁殖しやすいこと、傷がつきやすいこと、口の粘膜が傷つきやすいなどです。入れ歯の清掃がきちんとしていないと、口内炎、口臭、色素沈着、歯石沈着、虫歯などの原因になるので、キレイにお手入れする必要があります。

 

そして、お手入れの仕方とは、部分入れ歯や総入れ歯の場合も必ず外してから清掃する必要があります。部分入れ歯の場合はクラスプなどの部分は小さい歯ブラシや歯間ブラシを使ってやさしく磨くことが大事です。力を入れすぎてしまうと、クラスプなどを変形させて、傷の原因になってしまうので、あまり力を入れ過ぎないように、優しく磨くことがポイントです。

 

また、クラスプをかける歯も市販の入れ歯洗浄などを使って磨くとさらにキレイに磨くことが出来るので、オススメです。また、磨いた後も保管方法に気をつけなければいけません。入れ歯は熱や乾燥に弱いので、そのまま放置しておくと、変形や変色、ひび割れの原因になります。水に入れた容器にいれ、保管をしておくと良いです。また、入れ歯をキレイにするだけでなく。残っている歯にも歯ブラシできちんと磨くことが大事です。

 

もし入れ歯が合わなくなったり違和感を感じたりしたら、歯医者に行って相談してくるといいです。口の中は常に変化しているので、ピッタリ合った入れ歯も長い間使用すると合わなくなていくこともあるので、必ず歯医者にいくことが大事です。

 

数ある歯医者でも多治見にあるただこし歯科クリニックは無痛の治療もやっていたり、歯にかんすることなら何でも相談出来るので、多治見にある歯医者に一度行ってみて相談してみると良いです。