歯がかけてしまった場合の対処法とは

もしかしたら、歯をぶつけて前歯がかけてしまったりすることも全くないとはいえません。特に、お子さんが歯をぶつけてかけてしまったりすることもあります。急に歯がかけてしまったら誰でも驚いて慌ててしまいます。ですが、虫歯でなければかけてしまった歯を元の位置に付けることは出来るので、そこまで心配はしなくても大丈夫です。特に前歯が欠けてしまった場合はピッタリくっつくことも多いです。ですが、いくら歯医者に行けばいいと行っても対処法は知っておいたほうがいいです。

 
歯がかけてしまった場合はどうしたらいいかというと、歯が大きく欠けてしまった場合は破片を拾ってなくしたり、割れないように歯医者に持っていく必要があります。大きな破片であれば歯医者で接着剤でつけることが出来ます。ですが、なければ元に戻らないというわけではないので、見つからなくても心配する必要はないです。注意点は自分で接着剤を使って付けるのは絶対に避けなければいけません。

 

また、少しだけしかかけてないからと病院を後回しにしないで、たとえ欠けているのが少しだけでも、歯が尖っていると、歯の中を傷つけてしまう場合があるので、すぐに病院に行って治療しなければいけません。痛みが強い場合は鎮痛剤を飲んで痛みを和らげると楽になりますので、痛みを無理に我慢する必要はありません。歯がグラグラしてしまった場合はすぐに病院に行き固定等の処置をしてもらうことが大事です歯が完全に抜け落ちてしまった場合は、すぐに歯医者に持って行く必要があります。抜けた歯を戻すことが出来る場合があります。最近はは薬局で歯の保存液も売られているので、それにつけて持っていくとさらに良いです。保存液が買えなかった場合は牛乳パックを開けて牛乳の中に入れて持っていくと良いです。

 
重要な事は歯が欠けたり、抜けたりしたらすぐに歯医者に行って処置をしてもらうことです。歯が欠けたり抜けたりする時間が短いほど自分の歯を元に戻せる可能性が高くなるので、歯が欠けたくらい大丈夫と思わないで、もし、かけてしまったら病院に行ってください。また、多治見にあるただこし歯科クリニックは相談にのってくれますし、出来るだけ痛くない無痛の治療を心がけているので、歯医者が痛くて怖いというイメージを持っている人は、多治見の病院なら少しは怖くなくなるので、一度ホームページを見てみるといいです。歯は自分では治すことは出来ないので、自分でなんとかしようと考えずに病院に行って見てもらうことが大事です。