歯ぐきの腫れの原因とは

ある日突然、歯茎が腫れて痛くなっていることに気づくということは誰にでもあると思います。
歯茎が腫れて、内部に膿や水のようなものが溜まっていることが自分自身で気づくととても気持ち悪いものです。こうなると歯医者さんにいって治療を受けなくてはいけなくなりますが、歯医者さんには出来るだけ行きたくないと思う人も多いはずです。

 
歯医者さんで治療を受けなくても良いように、歯茎の健康を保ちたいのであれば、歯茎の腫れの原因を知ることが一番です。
そもそも、 歯ぐきの腫れには様々な原因があります。その中でも、歯茎の腫れの大きな原因としては、
・ 歯周病
・ 歯の根の先の炎症
・ 歯の根にヒビが入っている
といったことが上げられます。

 
歯周病とは、口の中の歯周病菌の感染症ですが、歯肉に炎症が発生して、腫れが起こります。歯周病が進むと歯がぐらつくこともありますし、口の中全体的に歯周病が進行していることが多く、歯と歯ぐきの境目が腫れてきます。

 
歯の根の先の炎症は、症状としては、歯と歯ぐきの境目よりも10㎜以上下の部分に腫れが起こります。この症状は、神経を取る治療をした歯に起こることが多いといえます。
また、歯の根にヒビが入っている場合には、歯の根本の部分の歯ぐきに埋まっている部分が割れてしまって、その周辺の歯ぐきに炎症が発生し腫れが起こってしまいます。このような症状は、咬む力が強い方や、歯ぎしり・咬みしめぐせがある人に多いと言えます。

 
その他の歯茎の腫れの原因として、親知らずが出てきて、親知らずの周囲の歯ぐきが炎症を起こして腫れているという場合もあります。

 
また、入れ歯やブリッジなどの歯の治療器具が歯ぐきを圧迫していたり、食物の残りかすがたまって歯ぐきを圧迫しているといった場合もあります。
そして、意外に見落としがちなのが、ハブラシ等による傷が原因で腫れている場合です。歯磨きをする時に力が入りすぎて歯ぐきを圧迫してしまい、腫れを引き起こすということもあります。

 
これら意外にも様々な原因で歯ぐきの腫れが引き起こされてしまうといえますが、いづれにしても、その様な症状が出れば歯医者さんにいって治療を受けることが大切です。放置しておくと歯が抜けてしまったり虫歯が悪化してしまったりという場合もあるので、歯の専門家の歯医者さんにアドバイスを受けることがベストです。

 
多治見市でもこのような症状に対する的確なアドバイスをしてくれる歯医者さんはたくさんあるので、少しでも歯ぐきに以上を感じるのであれば早期に歯医者さんへいくことをおすすめします。