歯肉炎の原因とは

歯茎をチェックして腫れている場合は注意が必要であり、気になった場合は痛みが無くても歯医者に相談して対応してもらう事が望ましいです。

歯茎部分の腫れは歯肉炎と言われる症状である可能性が高く、歯肉炎の原因の殆どは歯と歯茎の間に蓄積した歯垢によって炎症を起こしたものであり、歯肉炎は歯周病の初期段階で痛みや自覚症状も無く、歯磨き時に出血する事から気がつくという方が殆どです。

歯肉炎は歯肉が赤く腫れたり、歯磨きの時に出血が起こる等の症状があり、口腔内を清潔にしない事から発展していくものですし、放置していると歯肉炎だけではなく、歯周病の悪化や虫歯、様々な口腔内のリスクが発生します。

歯茎部分が健康で正常な場合は美しいピンク色をしていますが、炎症によって赤くなったり、貧血時には白色気味になったりと健康のパロメーターにもなる部分ですし、日々の歯磨きを徹底しないと歯の表面に付いた歯垢が歯と歯茎の間に入っていく事になり、そこから炎症を起こす事になるものです。

汚れ以外にも歯肉炎が起こる事もあり、ウィルスによるものや、薬との相性、妊娠時のホルモンバランスの崩れから歯茎が腫れるといった事もあります。

セルフケアで歯磨きを行ってもどうしても取り除ききれない汚れというものは発生しますから、定期的に歯医者に行ってクリーニングを行ってもらう事が安全ですし、定期的に歯医者に行って歯科検診を受ける事によって歯肉炎以外のリスクも初期段階から対応する事が出来るものです。

多治見市周辺に住んでいる方は、多治見市には歯肉炎対策や予防を行える歯医者がいくつもありますから、評判等を調べて通いやすい所を選択すると良いですし、ただこし歯科クリニックは予防歯科から審美目的の治療まで幅広く扱っており、治療や予防実績が高いクリニックになっています。

歯医者での治療や予防も重要ですが、やはり普段から歯磨きを徹底して、歯磨きだけではなくフロス等で歯と歯の間の汚れを取り除く等、歯肉炎原因である汚れを減らす事が必要です。

セルフチェックとしては歯茎の色を見る事や歯磨き時の出血、または口臭が酷い時も歯肉炎が原因になっている事もあり、普段の生活で対応出来る事は歯磨きや食生活を変更して歯に汚れが付着しやすい油モノや甘いものを減らしたり、タバコを控える等が有効になります。

セルフケアを徹底しながら、専門知識のある歯医者で予防や治療を行う事が望ましいものです。