GW、祝日診療を始めたきっかけ

以前、ゴールデンウイークの時に、この可児地区の歯科医師会で、当院が 休日診療の当番だったのですが、その時は、そんなに多くの急患の患者さんは来ないだろうと思っており、勤務医の先生たちにも、休んで家族サービスして来てねと、安気に思っていたところ、僕一人では 対応が困難なほどの急患の方がみえたのです。その時に、多くの方から、「ほんとに助かった」「いつも行っている歯科医院が、今日は休みだったんだけど、痛くて我慢できなくて」「明日 大事な人と会う約束があるのに、前歯が欠けてしまって本当にありがたい」などと感謝の言葉をいただいたことがきっかけだったかと思います。歯科医院のほとんどは、日曜日、木曜日、祝日はもちろん、夏休み、ゴールデンウイークなども休みとなります。以前は当院も休みをいただいていたのですが、歯が痛くなる、腫れる、歯が取れるといったことは、いつでも起こり得ることです。確かに 歯科医師会で、この地域のどこかの歯科医院は当番で診療しています。しかし、「なんか、他の、初めての歯科医院は 行きにくいな」とか「本当は いつもかかっている歯科医院が診療していてくれるとありがたいんだけど」といったことを耳にしますと、なんとか、当院でも、祝日、ゴールデンウ イーク、夏のお盆時期なども 休まずに診療できないものかと考えておりました。そんなところ、最近はメンバーも、揃ってきて、十分、対応できる体制となりましたので、今年からは、ゴールデンウイーク中も診療する運びとなりました。これで、当院の休みは、年間では、年末年始と日曜日のみとなります。ただこし歯科にかかっている方や御嵩町にお住いのかただけでなく、可児市、多治見市、土岐市、八百津町など近隣のかたも、お困りの際は、遠慮なく電話くださればと思います。似顔絵2