もう2月も終わりですね!

こんにちは!御嵩町ただこし歯科クリニックのブログを読んでくださり、ありがとうございます。
 
今回は咬む力について書きたいと思います!
 
咬む力は人によってまちまちですが、ご自身の歯の先端を見てください。

平らになっていたり、刃物でスパッと切ったようにとがっていたり、つるつるになって光っていたりしませんか?

それらは歯が強く当たってすり減った跡なのです。

咬む力は人によって違いますが、
普段生活していると、自分の体重かそれ以上の力がかかります。

また、夜寝ている間には、ほとんどの方が食いしばったり歯ぎしりをしたりします。

そのときには普段の3~5倍の力がかかると言われています。
このように歯にはとても大きな力が加わります。

何年もこのような力がかかっているのに、が倒れないのが不思議なくらいです。

しかし、歯周病が進行して、歯を支える骨や歯茎がやせてしまうと・・・
もうお分かりですよね?

歯にかかる力は相当なものです。
これに耐えられるのは、歯を取り巻く歯茎や骨のおかげなのです。

ところが、もうやせちゃってしまったんですが・・・とか、
歯が割れてきている、という方の場合には、力をコントロールすることが必要になります。

具体的には、ナイトガードといって、マウスピースのようなものを着けてもらうことです。
これによって、歯に余分な力がかかることを防ぐことができます。

また、強く咬みこんでも歯よりもやわらかいナイトガードのほうが
磨り減ってくれるので歯自体の保護にもなります。

ご自身で気になるなと思うところがあれば気軽にご相談ください。
歯科衛生士 伊藤