桃の節句

梅の花のつぼみがはじけて、かわいい花がちらほら咲いています。                 近づいてみるとほのかにいい香りが・・・ まだまだ寒い日が続きますが、               一歩一歩春は近づいていますね。                                     そして、桃の節句をむかえました。                                     今では女の子のお祭りですが、昔は子どもの体をこすって病気や悪いところを           人形に移し、身代りになってもらうという風習があったそうです。                    桃の花が開花する時期なので、 「桃の節句」 と呼ばれるようになりました。            そしてもう一つ、桃の花には邪気を払う力があるとも言われています。               今も昔も、子どものすこやかな成長を願う気持ちは変わりませんね。                桃の花を飾り、春の訪れを感じるのもいいですね。                            みんなが無事に大きくなりますように(#^.^#)