Dr John Flutter講習会(筋機能矯正)東京

1490011338243 1490011345576 1490011349240 1490011370201昨日から2日間、MRC(筋機能矯正)の世界的権威である、Dr John Flutterの講習会に参加して来ました。このMRCと呼ばれる矯正治療は、今までの矯正とは別物の矯正治療であり、まず第一に不正咬合いわゆる悪い歯並びの原因となっている悪習癖を改善することにより、きちんとしたきれいな歯並びにしていくといったものであり、正しい呼吸法、嚥下、姿勢を獲得することにより子供たちが本来持っているはずの自然な発育を促すものなのです。この筋機能矯正治療のメリットは、歯並びの改善だけでなく、呼吸の改善、より魅力的な顔貌の発育、姿勢の改善などがあります。不正咬合の治療を早く始めることにより、抜歯ケースを減らし、今までのブラケットと呼ばれる固定式の矯正治療を減らし、また後戻りの原因となる悪習癖も改善できると言うものなのです。例えば 口呼吸を鼻呼吸にすることのメリットは、一つは免疫力のアップで、ほかにも口呼吸は、いろいろなデメリットがあるので、改善することが好ましいのです。もともと、なぜ、このMRCという矯正治療に興味を持ったかですが、実は自分の子供が 歯並びが悪く、口呼吸でだからです。しかもアトピーがあり、何とか治してあげたいという思いで、いろいろな矯正治療の方法を調べ、一番ベストで理想的だと判断したのが、このMRCと呼ばれる筋機能矯正治療だったのです。今回は、当院の矯正医の戸狩と、スタッフと共に参加して、今後当院に取り入れるべく学んでいこうと考えています。矯正治療と言っても いろいろあるのですが、今、子供の4人に3人は、歯並びが悪いと言われています。不正咬合は、体の不調の兆候なのです。ほかの矯正治療は、結果に対して治療しているので、どうしても後戻りのリスクが出てしまったりするのですが、このMRCと呼ばれる筋機能矯正治療は、原因にフォーカスしていくことで、単に歯並びを治すだけにとどまらず、将来的な全身の健康にプラスとなるのです。ただ、適応年齢が5歳から8歳くらいまでがとても有効的で、顎の成長が終わってしまう年齢になると適応外になってしまいますので、なるべく早い段階で、歯並びが悪い、もしくはそうなると診断された場合は、早い時期からスタートすると、とてもいい結果が得られ、僕自身も、歯並びが悪く、矯正治療をするなら、小さいうちに、このMRC(筋機能矯正治療)が、最適だと感じています。今回、350人もの人が講演に聞きに来ており、このMRCと呼ばれる筋機能矯正の注目度の高さを、改めて感じました。おそらく、これからの時代にはこの筋機能矯正治療が、中心になるのではと感じています。