無くなった歯を補う方法について

こんにちは!ただこし歯科クリニックの三島です。本日は補綴(歯を補う方法)についてお話ししたいと思います。
歯が無くなってしまったとき、補う方法は大きく3つ存在し、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。
インプラントは非常に優れたもので、自身の歯と同じように噛むことができ、周りの歯に負担をかけることもなく、メインテナンスをしっかりすれば一番長持ちするというものです。しかし外科的な治療になるために基礎疾患があったり、人工の根っこを植える骨がなかったりした場合には適応できない場合があります。
ブリッジは取り外す必要がなく、自身の歯と同じように噛むことができ、外科的な治療も必要としません。しかし、歯がない場所の前後に歯が残っている必要があり、健康な歯を削る必要があり、土台となっている歯に大きな負担がかかります。
入れ歯はすべての症例に対して適応があり、お口の中がどんな状態でも作ることができます。しかし取り外して使用しなければならず、かたかた動いたりすることも多く、ばねのかかる歯に負担もかかり、噛む能力も一番低いです。
一概にどの方法が一番良いとは言い難く、一人一人のお口の中と、お体の状態によって何を適応とするかを決めています。