かむ力で顔がおおきくなる?!

こんにちわ!技工士の井口です。
皆さんTCHってご存知ですか?

「Tooth Contacting Habit (TCH)」とは「 歯列接触癖」の略で、上下の歯を”持続的に” 接触させる癖のことをいいます。
皆さんの中には通常、上下の歯が接触しているのが当たり前!と思っている方もいるかもしれませんが、実は違うのです!
また、上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみ締め」や「食いしばり」「歯ぎしり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、
実際にはグッと強い力で、かみ締めや食いしばりを行わなくても、上下の歯が接触する程度でも筋の緊張・疲労は生じています。

怖いことにこの現象で歯に力を加え、さらには顎の骨まで力がいくので顎が発達して顔が大きくなってしまう可能性があるようです。
私もこれを聞いてからは、普段かみしめをしていないか意識をして、かみしめをしているときはすぐに歯と歯を離すように心がけています。
かみしめを一切なくすことは不可能なので自分で意識するように心がけることが大事なのと、
自分のよくみるところに付箋などで、「歯と歯を離す」などのメモを貼っておくと意識しやすいかもしれません。
意識したことなかった方も多いと思うので、この機会に一度意識して過ごしてみてください。