顎を正しく育成しましょう  MRCセミナー(東京)

先日は当院の矯正治療の担当衛生士2名を連れて、東京まで、MRCの矯正セミナーに行ってきました。最近健診での報告でも 小学生の半分以上の子供が歯並びが悪いと診断されているのですが、なぜ 歯並びが悪くなってしまうのかと考えた場合、食生活の変化により顎が委縮し、もしくは正常に発育せず 小さくなった顎に歯が並びきらずがたがたになってしまうケースが多くあります。歯並びをきれいにするための矯正治療はいろいろありますが、大人になってから矯正しようとした場合、抜歯が必要になってしまうことが良くあります。出来れば抜歯なしできれいに出来るといいわけです。

例えば小学生の低学年で歯並びが悪い場合は顎の発育が悪いことが多いのですが、子供の顎は まだまだ大きくさせることが可能なのです。ワイヤーなどの装置を使わなくても、、、。

たとえば お口をポカンと開いている子供も 顎の発育が悪く、口呼吸になってたりでいろいろな問題があるのです。

ではその口呼吸がなぜ問題かと言えば、菌などが直接肺に入ってくるので風邪をひきやすくなることなどが挙げられます。しかも口呼吸は歯並びの悪さにも繋がりがあるのです。いつも口が開いていると 顎が下がって下の力で上の前歯が押し出されます。そしてかみ合わせが悪くなっていくのです。しかも 虫歯や歯肉炎も起こりやすくなってしまうのです。

基本的には子供の頃の成長ホルモンが出ている時期に その成長に合わせて顎を育成させていけるといいわけなのです。あなたのお子さんがお口をポカンとよく開いているなとか、乳歯の段階でも歯並びが凸凹していると、永久歯が並ぶころには、かなり歯並びが悪くなってしまいます。出来れば乳歯の頃から顎の正常な発育を促してあげるといいわけです。もし心配であれば一度診せてください。何らかのアドバイスがさせてもらえるかと思います