★QOLの向上を目指して★

みなさんこんにちは。可児郡御嵩町の歯科医院、ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。急に暑くなりましたね・・・。気温の変化で体調を崩すこともあります。こんな時期はご自愛ください。

さて、『QOL』という言葉を聞いたことはありますか?これは、『Quality Of Life』クオリティー・オブ・ライフを省略したもので、日本語に訳すと『生活の質』を意味します。このQOLの向上は私たちの幸せな人生と直結していると私は思います。もちろん人それぞれ求めるものは違い、価値観も様々です。そのため、このQOLの形は十人十色かと思います。また、このQOLは近年よく耳にするようになった健康寿命とも深いつながりがあります。日本は世界一の長寿国です。しかし細かくみていくとこの健康寿命と平均寿命を比べると差が約10年ほどあるのが現状です。健康寿命とは、心身ともに自立し、健康的に生活できる期間を指しています。簡単に表現すると、寝たきりではなく介護の必要のない状態です。今、日本はこの健康寿命と平均寿命の差を短縮し、QOLを向上させていくことが課題です。そしてそれには私たち歯科医療が担う役割が多くあります。人は食べる事で栄養を摂取し生きています。食べるためには健やかな口腔環境が必要です。1本でも多くの歯を残し、おいしく食べていただけるよう尽力していきたいと思います。