親知らずについて

こんばんはぁ。御嵩町ただこし歯科クリニックの

ブログをご覧頂きありがとうございます。

今回は親知らずについてお話します!

親知らずがまっすぐ生えてきて、綺麗に磨ける場

合は、特に問題にならない事もあります。しかし、

親知らずによって何らかのトラブルが生じる場合

には、抜歯が必要になります。

親知らずが斜めに生えてきたり、途中までしか生

えて来ない場合は、歯ブラシが届きにくく、むし

歯になりやすくなります。また、親知らずと手前

の歯の隙間に汚れがたまりやすくなり、手前の歯

がむし歯になることもあります。

親知らずがむし歯になっても抜歯すれば済みます

が、手前の歯は抜くわけにはいきませんので、注

意が必要です。

親知らずが斜めに生えたり、まっすぐ生えてきて

も途中までしか生えてこない場合は、歯と歯肉の

間にプラークや食べかすがたまりやすくなり、親

知らずの周辺が不衛生になります。これにより、

親知らず周囲の歯肉に炎症が起きてしまいます。

それで歯肉が腫れたり、痛みが生じます。

また、重症化すると口が開けにくくなったり、

顔が腫れたりすることもあります。炎症がひど

い場合は、炎症が軽減してから抜歯を行います。

気になる方は、歯医者に行ってみてもらいましょ

う(o^^o)♪

☆岩井☆