親知らずについて

親知らずは、誰しも必ず生えるわけではありません。
実際に、日本人で上下左右生えてる人は半分くらいいるそうです。
しかし古代人は、ほとんどの人に「親知らずを含めた32本の歯が生えていた」と考えられています。
なぜなら、古代人の食事は調理の方法も多くなかったため、硬いものが多く、顎の力が必要とされていたからです。
火を使って調理をするようになり、食事がしだいに柔らかいものになっていった関係で、あごは徐々に小さく変化していき、
上下32本の歯があごにおさまらなくなり、ついには生えなくなったと考えられています。
現代人の永久歯の数が減る傾向にあるのは、あごが小さく変化してきたということなのかも知れません。
生え方によっては抜歯の必要がない親知らずもありますが、横向きに生えてきたりするものもあります。
まっすぐ生えてきてもブラッシングが行き届かず、虫歯になりやすいのもやっかいなところ。
当院では親知らずのご相談をはじめ、お口の中のトラブルに幅広く対応できますので
どうぞお気軽にご相談ください!
歯科衛生士 伊藤