秋ですね♫

最近昼と夜の温度差が激しいですね(^_^;)

みなさん体調管理には十分お気をつけくださいね♫

 

今日は、舌について書きたいと思います!

 

昔から舌を診て病気を診断する「舌診」があります。

しかし、舌は時間ごとどころか数秒ごとに変化するものですので素人では判断しにくいです。

今回は誰にでも簡単にわかる2つの症状について紹介いたします。

 

舌を「べ~」と前に出して中心がほんのり白く表面はザラザラ。

これが正常な状態です。

ザラザラは触覚を鋭敏にしてくれる大切なもの。汚れではありません。

さて、あなたの舌は赤くてツルツルしていませんか?

一見綺麗に見えますが「平滑舌」といって良い状態ではありません。

この「平滑舌」に潜む病気で一番多いのは「ドライマウス」

唾液が少なくなる病気です。

口の中が乾燥して様々な症状が出ます。

その他「貧血」「ミネラル不足」も考えられます。舌にピリピリ感があるようなら要注意です。

 

もう1つ。

 

あなたの舌はふち周りが白くてガタガタしていませんか?

これは「低位舌」の可能性があります。

この「低位舌」に潜む病気は、

「睡眠時無呼吸症候群」「口呼吸」「歯周病」「誤えん性肺炎」「二重あご」などがあります。

舌は厚さ5cmもある巨大な筋肉の塊。しかし、本来舌は上あごに収まっている状態なのです。

下へさがってしまったということは舌の筋力低下といえます。命に関わる危険な症状もありますので心配になった方は次の方法で「低位舌」かどうか確かめてみましょう。

 

  • 小さじ1杯半の液体(お茶でも水でも何でも可)を口に含む
  • 液体を舌と上あごの間に閉じ込める。
  • そのまま「イ~」の顔をする。(唇は開けましょう)
  • 唇を閉じずに液体を飲み込む。(顔は正面を向いたまま)

さて、最後まで液体が漏れずに飲み込めましたか?

残念ながらこぼしてしまった方は「低位舌」の可能性が非常に高いです。

今日からは舌のストレッチ等、舌を意識的に動かして舌の筋力を戻すことをおすすめいたします。

ですが、無理して試したり、深く悩んだりしませんように(>_<)

気になればご相談くださいね!!

 

歯科衛生士 伊藤