☆ドライマウス☆

こんばんは。岐阜県可児郡御嵩町の歯科医院、ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。今夜は口腔乾燥症(ドライマウス)につてお話させていただきたいと思います。ドライマウスを引き起こすと、唾液の分泌量が減り、お口の中が乾燥してしまいます。そして口腔乾燥は以下の様々な悪い症状が起こる原因とまります。

・唾液には自浄作用と抗菌作用があるため、これの不足により虫歯や歯周病になりやすくなります。

・口腔内に常在する多くの虫歯菌や歯周病菌を唾液によって絶えず流したり殺菌しているためやはり虫歯だけでなく歯周病や口臭の原因となります。

・舌は乾燥するとひび割れが生じます。そして舌の表面に存在している味覚に関する細胞の機能を阻害してしまい、味覚症状が生じたり、言葉が話しにくくなったりすることもあります。

・その他にも、口の渇きで夜間に目が覚めてしまったり、食事がしくくかったり、口内炎や口角炎、口腔カンジダ症を引き起こす原因となったりすることが知られています。

この様に多くの良くない症状を引き起こしてしまうのが口腔乾燥症です。残念ながら、これを根本的に治す治療法はありません。しかし症状を改善させたり緩和させる方法ならあります。最近ちょっとおかしいな?と心当たりのある方は、当院に一度相談してみてください。