知覚過敏

寒くなりましたね。

毎朝、水道水の冷たさに冬を感じます。

冷たい水でブクブクうがいをしていると歯がしみることありませんか?

しみる原因は様々ですが代表的なものの1つが「知覚過敏」です。

ひどくなると瞬間的に鋭い痛みを感じるやっかいな症状なのです。

しみる症状に悩まされている方が最近多くなってきています。

では、なぜ知覚過敏になってしまったのか・・?

 

噛み合わせの悪さやストレスが原因で「歯ぎしり、くいしばり」は起こります。

自覚のない方も多く、たかが歯ぎしり・・と思われる方も少なくはありません。

しかし、人が物を噛むときにかかる圧力は

* せんべい 10キロ

* フランスパン 30キロ

* 歯ぎしり 60~80キロ

と、「歯ぎしり、くいしばり」でいかに強く圧力がかかっているかがわかりますね(°_°)

しかも、食事で物を噛んでいる時間はせいぜい10分~20分でしょうが「歯ぎしり、くいしばり」は無意識の間で何時間も続くこともあるのです。

 

これだけ強い力で何時間も噛みしめているのですから「歯が割れる」「歯がグラつく」などが起こっても不思議ではありません。あごの関節を痛めてしまう場合もあります。

中には「私は歯ぎしりなんてしないし、人に指摘されたこともない」とおっしゃる方、「口をあけて寝てしまうので、くいしばることはありえない」とおっしゃる方もいますが歯医者の先生は口の中や骨格を見ればすぐにわかるものなのです。

それでも信じられない方、「歯ぎしり、くいしばり」の自己チェックをご紹介いたします。

 

  • 上あごの中央や下あごの内側に骨の隆起がある
  • 上下の歯の噛む面が平らになっている
  • 歯の外側、歯肉との境目あたりの歯質が削れている
  • ほっぺの内側、歯に接するあたりが白くなっている
  • 舌のふちに歯形がついている
  • あごのエラの部分の筋肉が張っている
  • あごの関節が痛い、あごの筋肉痛、肩こりがある

もちろん、「歯ぎしり、くいしばり」をしていても困った症状が出ない方もいます。

しかし、軽視しているとのちのち問題が出てくることが多いです!

気になる方はどうぞご相談くださいね(^^)

 

歯科衛生士 伊藤