虫歯になりやすい・なりにくいおやつって?

こんにちわ!技工士の井口です。

一般的におやつによく登場する食材・食品について虫歯になりにくい・なりやすいをチェックしました。

★主食類

※・小麦粉を使った食材やいも類の主な栄養成分は炭水化物。噛むことで糖になりますが、ゆっくりと酸を出し、麦茶などとも相性がいいので、どちらかといえば虫歯になりにくい食材です。野菜をプラスしたピザ、お好み焼き、シロップなしのホットケーキも虫歯になりにくいおやつです。

★野菜類

根菜、葉野菜、きゅうり、トマトなどほとんどの野菜類やのり、わかめ、昆布、寒天などの海藻類は、食べても酸を出さない、虫歯になりにくい食材です。

繊維があり、よく噛んで食べる点からも〇。野菜スティックや温野菜などは虫歯になりにくく、栄養価が高いのでおやつにおすすめ。

★果物類

生の果物には酸をつくる果糖が含まれますが、繊維があるので、よく噛むことにつながります。また、酸味で唾液が盛んに出ますから、どちらかといえば虫歯になりにくい食材です。レーズンなどドライフルーツも〇ですが、砂糖がけは×。砂糖がたくさん使われている缶詰めのフルーツも×。

★肉・魚・卵・大豆・乳製品

肉・魚・卵・大豆製品、チーズや無糖のヨーグルトは酸を出さない、虫歯になりにくい食材です。ただし、加糖のヨーグルトに生のフルーツや甘みのあるプチトマトを切って入れてあげると、嚙むこともつながって、おすすめです。

歯には食生活もすごく重要なので少し意識してみることから始めてみませんか?(^^)