歯周病

この間、テレビで歯周病と認知症の関連についてやっていました。

毎日の歯磨きをしっかりと丁寧にするだけで物忘れに関係する数値が下がっていました。

今回私も自分で歯周病と認知症の関係について調べてみました。

歯周病が認知症の原因の多くを占めるアルツハイマー型認知症(AD)を悪化させるという動物での実験でも結果はでているそうです。

歯周病が認知症の原因の多くを占めるアルツハイマー型認知症の事をADというそうです。

ADの発症する年齢で一番多いのは70歳代ですが、ADの原因物質であるAβの蓄積は、発症の10~15年以上前から始まっているそうです。ADの発症やその前段階である軽度認知症(MCI)の症状が出てからでは、対策は後手に回らざるをえないとの事で、認知症の発症から遠ざかるためには遅くとも50歳代で歯周病のコントロールが必要で、できれば重症化する人が多くなる40歳代以前からのアプローチが望ましいとの事でした。

日本では歯周病と認知症に関係がある事を知っている人はあまり多くないのではないかなと感じます。

もし良かったらこれからの健康の為にも予防の方で定期的にメンテナンスに来てくださいね☆

水野