命の芽生えを知ったら!

みなさんこんにちわ。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院ただこし歯科クリニックの井口です。

 

今回はテーマは妊婦さんのお口の中についてです。

歯や歯ぐきに病気に弱い妊婦さん

妊娠したら今までよりも丁寧に歯や口の中のお手入れをしてください。

昔から、妊婦さんや出産を経験した女性は、赤ちゃんにカルシウムをを

奪われて歯がわるくなると言われています。

赤ちゃんができると、ホルモンバランスが変わります。この影響で、

唾液の分泌量が減り、ネバネバも強くなって歯に汚れがくっつきやすくなります。

また、つわりの時期を過ぎると、食べ物を口にする機会が増えます。

妊娠中は、虫歯や歯周病になる条件がいくつも重なり、

どうしても歯や口の病気が始まるやすいのです。

お母さんの歯や歯ぐきの病気は、赤ちゃんのせいではないというわけです。

妊娠したら今までよりも丁寧に歯や口の手入れをしてください。

 

栄養ばっちりの母体

赤ちゃんの丈夫な歯を育てます

赤ちゃんの歯は、お母さんの穴化の中でその芽ができます。

乳歯は、妊娠5週から9週、そして大人の歯も16週でできます。

お母さんが必要な栄養を十分にとらないと、赤ちゃんの歯の芽が栄養不足になります。

骨やあごの発達を促すビタミンAやD、妊娠中は腸からの吸収力が高まるカルシウム(骨や歯の成分)

等を積極的にとってください。

栄養バランスのよい食事が、赤ちゃんの歯の芽を丈夫に育てます。

 

 

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町の歯科医院に近い御嵩町の歯科医院。

医療法人CREAただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同心のこもったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、よければ’’いいね’’や’’フォロー’’で

応援よろしくお願いします♪