プチ矯正(部分矯正)

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院ただこし歯科クリニックの只腰です。

先週末に、今年2月から日本に導入された、iGOと呼ばれるマウスピース矯正のセミナーに行ってきました。インビザラインと同じアラインテクノロジー社の前歯だけを少し歯並びが悪い方やすきっぱの方、少しデコボコしている方などの前歯だけ矯正する治療方法なのです。透明なマウスピースを用いた矯正なので、目立ちにくく、ほとんどわかりません。ここの凄いところは、今までの世界中での600万症例の蓄積されたデータをAIで分析して、こうしたら歯がこのように動くなどを導き出して、理想的な歯並びの状態、求める歯並びの状態に持っていけてしまうところにあります。今まではそこは匠の技を必要として、熟練した経験と技術がものをいうところだったのですが、人工知能の発達により、それほどの技術や経験が無くても出来るようになってきたのです。少し前にある雑誌で、将来AIによって置き換わる仕事のトップに歯科医師が来ていて驚きましたが、人工知能による時代の改革がここまで来ているんだなとちょっと不思議な感覚を覚えました。患者さんの口の中の歯の型を取り、アラインテクノロジー社に送ると、分析して適切に作られたマウスピースが届き、それに合わせて、隙間を指示通りに歯間削合する。細かな技術を必要としない。今まで研鑽を積んで腕を磨いてきたことがこれからはどうなっていくのかと不安に思う気持ちもある一方、技術革新についていけるようにセミナーにて研鑽を積んだり、新しい歯列矯正システムなどの先進機器の導入など、これからは益々必要になってくることを感じてます。今までと同じ治療、同じ機材、機器では、これから来る時代の変革についていくのは難しくなるのかなと感じています。米国のAmazonやある眼鏡やでは、会計など人が必要なくなり、携帯のアプリで、買い物が出来る時代になってきている。配送センターも最終チェック以外は人の出番はないとのこと、歯科では、この矯正の分野で、歯を動かすことに今までの個々の歯科医師の技術に頼ったワイヤーを使った矯正治療より、600万症例もの分析の結果から人工知能によって導かれたインビザラインのマウスピース矯正のほうが、歯を適切に動かすことには、いいデータが出ているとのこと。インビザラインが、誕生してまだ13年ほどと浅い歴史ながら技術革新によって劇的な進化をしてきた。これからもこのような先進医療を取り入れていき自分自身も時代の革新にあわせて成長していきたく思います。