歯を抜ぬいた方がよい場合とは

みなさん こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院(歯医者) ただこし歯科クリニックの大谷です。今日は歯を抜くことについてお話したいと思います。

抜歯と聞いて良いイメージは皆様はありますでしょうか?痛そう、怖いイメージが有るかもしれません。しかし抜歯をすることで結果としてよいことがあるのでお伝えしたいと思います。

まず、歯を抜く必要がある状況とは①虫歯で保存が困難な場合があります。虫歯を取るとは歯そのものが残らなくなる場合には抜歯の必要性があります。

②歯周病の進行が著しい場合にも抜歯が必要です。歯がグラグラして、前後左右、垂直的に動き、食べ物が当たると痛みが出たりすると保存は困難になることがあります。

③歯が根っこのほうから、縦に割れている場合にも抜歯は必要です。

歯の根っこは基本的には骨の中に埋まっている場合が多く、埋まったまま割れている場合は保存することが困難です。

④周りの歯に悪影響を与えている歯も注意が必要です。親知らず(智歯)の場合が多いですが、隣の歯をグイグイ押して隣の歯の根っこを吸収させてしまったり、歯並びに悪影響がある場合は抜歯を検討したほうがよいでしょう。

⑤炎症がなかなか治癒しない場合も抜歯を選択する必要性があるかもしれません。

痛み止めなどのお薬だけでは、どうしても限界はあります。

⑥矯正治療のために抜歯が必要と判断されることもあります。成人されてから歯並びを変化させようとしても、顎の骨自体が小さい場合などに選択されるケースです。

⑦歯の数が多すぎる場合です。過剰歯と言って本来あるべき歯の数より、多く歯をお持ちの方がまれにいます。顎の骨のスペースは限られているので、過剰歯をお持ちの方は歯並びが悪い状態の方がみられます。抜歯をしたほうが、機能的にも見た目もよくなる場合です。上記のような場合には抜歯が必要となる場合があります。

皆様もできる限り、抜歯は避けられたいと思われますが、抜歯をするメリットが抜歯をしなかった場合のデメリットを上回る場合にはやはり、抜歯を提案される歯医者さんが多いのではないでしょうか。

 

可児市、多治見市土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院 医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ、皆さんのご来院を、スタッフ一同心のこもったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、よければいいねやフォローで応援よろしくお願いいたします。