「たかが、いびき」は大間違い!

こんにちはぁ。ただこし歯科クリニックの岩井です。

いびきは閉塞型睡眠時無呼吸症候群(SAS)のサイ

ンです。

いびきをかいてよく眠っているのではなく、よく眠

れていないサインと考えるべきでしょう。

SASは、睡眠中に10秒以上呼吸が止まったり、浅く

なることで、睡眠を妨げ体に負担をかける病気です。

睡眠中に呼吸の通り道である喉へ舌根や下顎が落ち

込み、喉が物理的に閉塞して生じます。

いびきのほかに、起床時の喉や口の乾き、頭痛、日

中の眠気や体のだるさ、夜間頻尿や寝汗などの自覚

を伴うこともあります。

肥満はSASの主要なリスク因子であるが、日本人で

は明らかな肥満がなくてもSASになることがあるた

め注意が必要です。

SASを放置すると、日常生活、社会生活へ悪影響を

及ぼし生活習慣病のリスクが増加します。

具体的には、日中の眠気や集中力の低下、高血圧

や糖尿、狭心症のリスクも高まる。

さらに、睡眠中の呼吸停止に伴って頻回する酸素

不足か認知症のリスクを上げるとの懸念もあるそ

うです。なので早めの診断が必要です。

気になる方は、一度医療機関を受診してみて下

さい。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御

嵩町の歯医者医療法人CREAただこし歯科クリ

ニックへ皆様のご来院をスタッフ一同、心のこ

もったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、良ければイイネ

やフォローで応援よろしくお願いします♪