噛む力と飲み込む力の大切さ

みなさんこんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。

 

今日はあいにくの雨でした。気温もぐんと下がりましたね。今週末は、梅雨入り前最後の晴天のようです。皆様楽しい週末をお過ごしください。

 

高齢者で、かみ合わせがよくなかったり、噛む力や飲み込む力が弱くなってしまうと、要介護状態になるリスクが高まると言われています。例え高齢で歯がたくさん残っていたとしても安心は禁物であるそうです。日本老年歯科医学会によると高齢者の以下の7項目のうち3項目に該当すると『口腔機能低下症』に当たり、注意が必要とされています。

①口腔内の菌数

②口腔内の乾燥度

③かみ合わせの力(咬合力)

④舌や口唇の運動機能

⑤舌による圧力

⑥食べ物をかみ砕く機能

⑦飲み込む機能

 

70歳を過ぎたころから舌や口唇の運動機能や舌の圧力が低下し、しっかりと自分の歯が残っているのにも関わらず、しっかり噛めなかったり、飲み込みにくいといった状態になることがあります。このような噛む力や飲み込む力の低下は脳卒中などの発症と関係していることも分かってきています。

 

咬合力について調べている先生は、この咬合力が弱くなると固いお肉や繊維質の多い野菜などが食べにくくなるとおっしゃっていて、この結果、動物性たんぱく質やビタミン類などが不足することで栄養に偏りが生じて虚弱や脳卒中、心筋梗塞の発症リスクを上昇させてしまうのです。

 

咬合力には歯だけではなく筋力も関係します。咬合力が弱い人は歩く速度が遅い傾向にあり、全身の筋力低下がみられます。

 

また、口腔内の清潔さを保つためには唾液の分泌が必要です。この量が不足すると口腔内の自浄作用が損なわれ、細菌の数が増加してしまって誤嚥性肺炎を引き起こしてしまうリスクが高まります。口腔内の環境の改善は、このように全身の健康と深く関わっています。口腔ケアを大切にしてください。そして健康寿命を延ばしましょう!!!

 

可児市 多治見市 土岐市 八百津町に近い可児郡御嵩町の歯科医院(歯医者)

医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしております。

Facebookもやっておりますので、よろしければ ‘’イイね‘’ や ‘’フォロー‘’ で応援よろしくお願いします♪