定期検診をお勧めします

みなさんこんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。

 

今日は定期検診についてのお話をさせていただきます。定期検診の周期は、その方のお口の中の状態だけではなく、生活習慣や基礎疾患によって変わります。以下のような方は特に短い周期での検診をお勧めしています。

①重度の歯周病

重度の歯周病は歯周ポケットが深く、ご自身でケアしにくいため状態が悪化したり、進行しやすくなります。

②虫歯のリスクが高い

歯の質がもともと弱い方、唾液の分泌量が少ない方などは虫歯ができやすい傾向にあります。

③歯石が付きやすい

歯石を放置していると、どんどん歯周病が進行していくリスクが高まります。頻繁に歯石を除去する必要があります。

④糖尿病

糖尿病にかかっていると、体の抵抗力が低下するため歯周病が進行しやすくなります。

⑤喫煙者

タバコを吸っている人は、歯周病になりやすく、また治りしくかったり再発しやすくなります。また、歯肉の腫れや出血など歯周病の症状に気付きにくいため定期的にチェックしていかないと重症化してしまうことがあります。

 

次は、悪くなってしまってからの遅い治療のデメリットについてお話します。

①治療が痛くなる

むし歯が進行して痛みが強い場合、麻酔が効きにくい場合あります。その場合、治療に痛みが伴ってしまします。また、歯周病も進行しているほど治療に痛みが伴うリスクが高まります。

②歯を失う

むし歯の治療の度に歯を削り、どんどん歯が小さくなっていきます。そして最後は歯を残せなくなるのです。歯周病も重症化すると歯を支える骨がなくなってしまい、歯を失うリスクが高まります。

③治療回数が増える

初期も虫歯や歯周病であれば数回の治療で終わることができますが、虫歯が進行し、神経まで達して炎症を起こしてしまったり、歯周病が進行していると治療期間も長くなり、通院回数も増えてしまいます。

④治療費用がかかる

歯が悪くなってからの治療の場合、治療も複雑になり、通院回数が増加します。むし歯が進行して削る部分が多くなると、それを補うために大きな被せもの詰め物が必要になり費用も増えてしまいます。

 

可児市 多治見市 土岐市 八百津町に近い可児郡御嵩町の歯科医院(歯医者)

医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしております。

Facebookもやっておりますので、よろしければ ‘’イイね‘’ や ‘’フォロー‘’ で応援よろしくお願いします♪