口腔ケアについて☆

みなさん、こんばんはっ!

もう6月ですねっ。梅雨がきますね~。

今日は「口腔ケアでカラダに悪いものを入れない!
だ液で免疫力を高め、病気をブロックしよう!!」
というテーマで書こうと思います( ¨̮ )
まず、口の中には、多くの常在菌が存在し、その数は1000億~1兆とも言われるそうです。細菌のうち、悪玉菌が繁殖して菌バランスが崩れると、口内環境が悪化して歯周病も進行してしまいます。
その菌が毛細血管に入ると、菌血症となり命にかかわる病気になることもあるのです。
この口内の菌バランスに影響するのがだ液と言われています。だ液には抗菌や自浄作用があって、虫歯や歯周病を防いだり、細菌やウィルスの侵入を防ぐ役割もあります。また食べ物を包んで腸に届け、消化液の分泌をうながすなど、だ液はカラダの免疫力や防御機能に大きくかかわっているのです!
①菌をとって口内菌を改善…おすすめはヨーグルトです。ロイテリ菌が含むものがオススメです。
②口呼吸をやめて、舌を磨く…舌の表面がうっすら白くなってる人は要注意です。汚れがたまり細菌が繁殖した状態です。舌ブラシでキレイにしましょう。
③舌は正しい位置に置くこと…食いしばりがあると、だ液がでにくくなる上に噛み合わせが悪くなります。あごの位置がずれている人はさらに筋肉が緊張して、血流も悪くなります。そうすると、肩こりや頭痛にもつながります。
少し意識してみてくださいねっ( ¨̮ )
可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院医療法人CREAただこし歯科クリニックへ
皆さまのご来院をスタッフ一同心のこもったおもてなしでお待ちしております。
Facebookもやってますので、良ければイイネやフォローをよろしくお願いします。
☆柴田☆