鼻呼吸と口呼吸の違い

 

みなさん こんにちは!
可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い
御嵩町の歯科医院 ただこし歯科クリニックの前田です(^^)

今回は鼻呼吸の利点と口呼吸の弊害について説明します。

 

通常、人は唇を閉じて鼻で呼吸します。

 

鼻は空気中の異物を取り除く働きを持っています。

 

まず、鼻毛でほこりなどの侵入を防ぎ、

鼻粘膜の線毛や粘液が細菌やウイルスなどを吸着して

感染を防ぎます。

 

鼻呼吸は空気の通り道が狭く、

ゆっくりと吸うことによって空気が

体温に近い温度に暖められます。

 

 

一方、口で呼吸すると空気が直接吸い込まれるため

鼻呼吸ほど異物を除去できません。

 

 

さらに、冷たく乾いた空気が気道に入り、

免疫が働かず細菌やウイルスに感染して、

風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

 

また、口の中が乾燥し、唾液の働きも弱くなってしまいます。

 

 

だ液は口の中を潤し、運動や発音、

嚥下(飲み込み)を助けます。

 

それだけではなく、口腔内の洗浄やむし歯を防ぐ中和作用、

初期むし歯を修復する再石灰化、粘膜の保護、

抗菌作用など 様々な働きがあるのです。

 

子どもの頃から常に口を開けたまま呼吸をしていると、

口まわりの筋肉が弱くなり、歯並びや口の形、

顎の骨の形まで悪くなります。

 

 

このように口呼吸にはさまざまな弊害があります。

 

 

口と全身の健康のために

鼻呼吸をする習慣をつけましょう☆

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院

医療法人CREAただこし歯科クリニックへ
皆さまのご来院を、スタッフ一同、
心のこもったおもてなしでお待ちしています!
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で
応援よろしくおねがいします☆ミ

 

 

 

 

 

 

ウイルス フリー。 www.avast.com