歯が無くなった時の補い方

みなさん、こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。今日は歯が無くなった時にどうやって補うのかを説明したいと思います。

何かしたらの原因で歯が無くなってしまったとき、補う方法は大きく分けて3つあります。ブリッジ、義歯、インプラントです。それぞれの特徴を説明します。

ブリッジとは、無くなってしまった歯の両隣の歯を削り、土台とすることで橋渡しの被せ物を作って入れる方法です。利点としては、取り外すことがないため歯があったころとほぼ同じような感覚で使うことができます。また、保険治療の適応があります。欠点は、両隣に歯がない場合にはそもそも選択することができません。両隣の歯があったとしても、健康な歯を多く削らなければならないということと、無くなった歯の負担を両隣の歯で負担するために、両隣の歯の寿命が短くなりやすいことです。特に、力がかなりかかってしまったことによる歯の破折で抜歯となった場合、両隣の歯も強い力がかかるため、両隣の歯も割れたり歯周病になったりして、長い目で見たら予後が悪くなることもあります。

義歯、いわゆる入れ歯は、すべての欠損状態に対して適応があります。また、保険適応があります。残っている歯をそれほど削る必要がありませんし、歯に対する負担もブリッジほど大きくありません。欠点は異物感が大きく、また咬む感触もありません。入れ歯は動くため、外れたり、食べ物が入れ歯と粘膜の間に入り込むなどの不快感もあります。残っている歯の本数が少なくなると、やはり歯にかかる負担は大きくなります。ご高齢の方が使っているもの、というイメージもよくありません。

インプラントは多くの欠損状態に対して適応があります。他の歯に負担をかけることがないため、歯をなくしたため他の歯に負担がかかり、他の歯もだめになってしまうという、歯の喪失に伴う負の連鎖を止めることができる唯一の方法です。また、入れ歯の固定源として使うことができ、骨が減ってしまって入れ歯が安定しないという方にもしっかりとした入れ歯を入れることができます。欠点は自由診療であるということと、外科治療なため全身疾患があると適応できないこと、治療期間が長いということが挙げられます。

いずれの方法でも補うことはできますが、やはり自分の歯に勝るものはありません。しっかりと定期健診を受け、自分の歯を守っていきましょう。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)
医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします♪