歯茎からの出血…。

 

こんにちは。

暑い日が多くなってきましたね(;´∀`)

熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

そして、そろそろ梅雨入りしますかね…。゚(¯ㅿ¯υ)゚。

 

さて、今月は…

歯茎からの出血されてる方には是非、読んで頂きたいです☆

 

歯茎からの出血…1度は経験された方が多いのではないかと思います。

 

出血の原因は、歯茎が炎症を起こしているからです。

 

歯茎は柔らかくデリケートなので、歯ブラシで軽く磨くだけでも傷付いてしまいます。

なので、弱っている状態だと簡単に出血してしまいます。

 

健康な歯茎は、淡いピンク色をしていて、歯と歯の間の歯茎は三角形です。

そして、弾力があり、歯磨きをしても出血はありません。

 

赤みの強い歯茎は、炎症が起きている可能性があり、さらに炎症が進行すると紫色になります。

 

でも、出血するからと言って、歯磨きはやめないでくださいね!

むしろ、刺激しないと歯茎の腫れは悪化するため、定期的な歯磨きは必須ですっ!

 

 

歯磨きをすることで、歯茎の血行が良くなって、新陳代謝が促進されます。それによって、新しい強い歯茎に再生していくんです。

 

歯茎が腫れる原因としては、疲労や寝不足や風邪など、体調不良も少なくありませんが、多くは歯周病だと考えられます。

 

軽度であれば、歯ブラシのマッサージで悪化を防止もできます。

 

そして、マッサージと共に…

プラークの除去!!!

つまり、歯垢です!

 

プラークが固まると歯石になります。

歯石になってしまうと、自力で取り除くことは出来ません…。

 

だからこそ、毎食後の歯磨きが大切!

しかし、それはなかなか難しいですよね(;´∀`)

 

そこで、歯科医院でのクリーニングをオススメします☆!!

わたし、クリーニングのあとはすごくキレイになった感じがして、スッキリサッパリして大好きです!笑

 

最後に…この中からひとつでも当てはまるものがあると、歯肉年齢50代…!?

 

□歯磨きをするといつも出血する

□口臭がくさい

□歯がグラグラする

□歯茎がよく腫れる

□歯と歯ぐきの間に隙間がある

□歯の間によく食べ物が詰まる

 

さて、あなたは当てはまるもの、ありましたか?

 

最後に、

可児市 多治見市 土岐市 八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人CREAただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、良ければ“イイネ ”や“ フォロー”で応援よろしくお願いします♪

 

南部