歯が無くなって放置した場合のデメリット

みなさんこんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院ただこし歯科クリニックの大谷です。

今日は一部の歯がなくなって放置した場合のデメリットについてお話ししたいと思います。

①  他の歯に咬む力が加わり残り歯の状態が悪くなる。

奥歯が喪失した場合では特に残存歯に圧力が大きくかかることになってしまいます。残った歯ばかりで噛むようになれば、その部分ばかりに偏った咬合圧がかかることにもなってしまうのです。すると、健康だったはずの残りの歯の状態が悪くなってしまうことにもなりかねません。

一般的には奥歯が先に無くなってしまうことが多いですが、徐々に前の歯も無くなってしまうパターンがみられます。

②  歯並びが変化する。見た目が左右非対称になる。

歯が無いままの状態が長く続くと、喪失部両側の歯がその無くなった歯

の空隙に寄る傾向にあります。無くなった歯のスペースを補おうと歯が

ゆっくりと移動し、そして歯並びが徐々に変化してしまうのです。

空隙を埋めるため、さらに隣の歯も寄り始め、だんだんと歯の移動の

連鎖が起こり、だんだん左右非対称な歯並びになってしまいます

 

③  虫歯や歯周病に罹りやすくなる。

歯が無くなった部分へ両側の歯が動く際、傾斜して寄ってくることが

ほとんどです。その影響から歯の根元に隙間が生じたり、

歯と歯の間に空隙ができたりすると、そこに汚れがたまりやすく虫歯や

歯周病の原因になってしまいます。

④  噛み合うはずの上下の反対の歯が伸びてくる

部分的に歯を失ってしまった場合、そのまま放置しておくと、噛みあう相手が無くなってしまった対称の歯が伸びてきてきてしまいます。その結果、歯の根っこが露出してしまい、知覚過敏症の原因にも繋がってしまいます。

また、失った部分の両隣の歯は、歯の無い部分側へ寄ってきたり斜めに倒れてきたりと動いてしまうこともあります。

⑤  顔の見た目が変わる

歯のないところがへこんでシワが増えることがあります。口元は、歯や歯茎があることによって形が変化します。ですから歯が無いと、外から見たときにハリが無くシワになってしまうため、実年齢よりも老けてみえる原因となってしまいます。入れ歯や、インプラントを入れることで、顔貌を若々しく保つことにもつながるのです。合わない入れ歯を入れておくことで痛みや不具合があるからといって、外したままにしていると、さらに歯ぐきが痩せてしまい入れ歯が入れられなくなってしまうこともあります。できるだけ早くかかりつけの歯科医院に相談し、入れ歯を外している期間が長くならないようにしたいものです。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)
医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします♪