歯周病と糖尿病

みなさんこんにちは(^ ^)

可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯医者、ただこし歯科クリニックの星原です(*^_^*)

 

先日は、衛生士メンバーで顎咬合学会に参加してきました!

今回は歯周病と糖尿病についての講義を受けてきました。

歯周病と糖尿病の二つは全く別々の病気だと思われる方もいるのではないでしょうか??

しかし、実はこの二つの病気はとても深く関係していることが分かっています!!

糖尿病になると身体の中の防御反応が低下するため、感染しやすくなると言われております。そのため、健康な方より歯周病が進行しやすいのです。また、歯周病細菌はインスリンの働きを妨げてしまうため、糖尿病が悪化すると言われております。

そのため、歯周病と糖尿病どちらもしっかりと治療を行うことが大切となります!!

実際に、歯周病治療や、歯磨きで汚れをしっかりと落とすことで、糖尿病も良くなっているという結果も出ているのです!

歯周病は自覚症状が少ないため、発見が遅れてしまうことが多いのですが、成人の80パーセントが歯周病にかかっていると言われていますので、特に歯科医院でのメンテナンスに通われていなかった方、あなたも歯周病にかかっている可能性は充分にあるのです!!!

 

糖尿病で悩んでいる方が見えましたら、一度歯周病の検査をされることをお勧めします!!