噛み合わせ

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの原田です。

 

 

今回は噛み合わせについてお話します。

 

みなさんは、カチッと歯を噛んでみて、どのような噛み合わせですか?

 

正常咬合と言われる噛み合わせは、

下の歯に上の歯が覆いかぶさっているような噛み合わせです。

ただ、顎の大きさや、乳歯のあとに生えてくる永久歯が大きかったり、色々な原因で正常咬合ではない噛み合わせの方もいます。

 

下の歯が上の歯より前に出ている、いわゆる受け口な噛み合わせだったり、

歯の先端同士が噛み合わさっていたり、人それぞれ、様々な噛み合わせがあります。

気になるな…って思ったりしたら、当院にてご相談くださいね。

 

さて、噛み合わせなのですが、みなさんは部分的な詰め物、または被せ物をつける時、カチカチギシギシして下さいねと治療中に色つき紙を噛んだり歯ぎしりした経験はありますか?

 

されてる中でどうしてこんなことするんだろうって思われる方もいらっしゃると思います。

 

それを少しご説明します。

 

簡単に言うと、噛み合わせの調整です。

 

詰め物、被せ物も、型どりしたあとに作った模型の上で人の手が作っているので、少なくとも完璧に作れることはほぼないです。

なので、お口の中で合わせた時に患者さんに噛んでいただくと、できた詰め物被せ物に天然歯が当たってしまうことがあります。

今まで当たっていなかったところに当たり、それによって周りの噛み合わせもかわって不快感になってしまいます。

 

それを整えて綺麗な噛み合わせにさせて頂いてます。

 

詰め物、被せ物をして今までの噛み合わせと変わってしまうと、物が上手く噛むことが出来ないとか、詰めた、被せたところの歯肉が腫れてきてしまったりとか、色々な問題が起きてしまうので、噛み合わせを調整する必要があるのです。

 

時に長くお時間かけてしまうかもしれないのですが、みなさんのお口の健康を守るために精一杯やらせていただいてますので、ご容赦ください。

 

 

 

また、普通に生活してても痛みが出てきたりしてしまう時もないとは言いきれないので、なにかありましたら、どうぞご相談くださいね。

 

 

 

 

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人creaただこし歯科クリニックへ

 

facebookもやっていますので、良ければ”いいね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします。