被せ物

みなさんこんにちは。
可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの西川です。
可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、良ければイイねやフォローで応援よろしくお願いします♪

自費の被せものと保険の被せもの、詰め物の違いってご存知ですか?

ただ白いだけではないんですよ!!保険治療より値段が高くなっちゃいますが、将来を考えると今自費にするほうが安く済むかもしれません。まず詰め物ですが保険だと金属になります。金属は硬いので金属の周りの歯が欠ける恐れがあります。すると欠けたところから虫歯になり金属を外して虫歯を取り除きます。すると詰める面積が増え、深さも、深くなり最悪の場合神経を取り除かなければなりません。そうなると被せ物が必要になります。被せ物も自費治療で白い被せ物があります。歯に優しい素材や見た目がキレイなどです。土台も保険と白いものがあります。保険だと金属になります。金属だとかかった力がそのまま根っこに負担がきてヒビが入ったり割れたりしてしまいます。割れると抜くしか方法がなくなってしまいます。抜くと義歯、ブリッジ、インプラントという選択になります。自分の歯を無くしてしまうリスクを考えると歯が長持ちするものを選択することはけして高いものではないのかなと思います。歯が一本無くなると両サイドや噛み合わせの歯などに負担がかかりグラグラになったり、根っこの治療がしてある歯は根っこが割れてしまって抜かなきゃいけなくなってしまったりします。なので最初に歯を無くすリスクの低いものを選択することは決して高いものではないのかなーとおもいます。
あとは歯周病で歯を無くさないように定期的にメンテナンスに通うことも大切です。歯にはバイオフィルムという細菌の膜が出来てしまいます。歯ブラシではバイオフィルムは落とせないので歯医者に通って頂き機械で落とさないとバイオフィルムは破壊できません。このバイオフィルムが長くとどまるとカリエスリスク、歯周病リスクが高まってしまいます。2〜3ヶ月に一回はバイオフィルムの除去が必要です。皆さんの口の中の健康を守るために日々頑張っております。皆さんにも口の中の健康を意識して頂き一緒にたくさんの歯を残せるようにして行きましょう。